« March 2007 | HOME | May 2007 »

衛星ラジオ出演

Dr.K Projectの徳武弘文さんがパーソナリティのデジタル衛星ラジオ放送の番組『Trip in the Country』に、先日発表された細野晴臣トリビュートアルバムに参加したユニット「たまきあや+谷口崇+ヤマサキテツヤ」でゲスト出演することになりました。ミュージックバードはデジタル衛星放送で聴くには受信料が必要らしいですが、全国37カ所のコミュニティFM局でも配信されているそうです(どこで聴けるのかは不明、すいません)。わかり次第お伝えします。わからないかも…。

□日時:4/9(月)午後4時頃
□番組:「アフタヌーン・パラダイス〜Trip In the Country」
□リンク:ミュージックバード

石谷

withhikaru070411.jpg

こうしてひかると一緒にコントロールルームにいるのって、どれくらいぶりだろうか。今日はあるプロジェクトで先日やめたばかりのオアシスのスタジオにいます。偶発的に始まったこのプロジェクトですが、日を重ねるごとにいいものになる予感がします。期待してて下さい。あ、でもこの間書いた「谷口崇ベストCD」ではないんです。期待した人ごめんね。

ベスト盤を作るなら…という振りにメールで応えてくれたみなさん、ありがとう。あーなるほど、それはいいねというアイデアもありました。基本的に、僕が選んだ楽曲とみんなが選んだ楽曲はそんなに変わらないね。「走れ!トーマス」の人気が高いのが個人的には嬉しいです。谷口崇の真骨頂的なナンバーだって、となりでひかるも言ってます。まだまだみんなのttベスト盤リクエスト待ってます。

4月に入ってから、本当に毎日が忙しく、ハードで、楽しいです。この顔見てるとわかるやろ(わからんやろ)。眼鏡をかけてるのは、来週レーシックの手術を受けるからなんです。中学1年以来の裸眼生活が目前です。

残りあと…

見て下さい!画面右上部に2週間後に迫ったワンマンライブの残り座席数を表示してみました(見れない方は更新するかキャッシュを空にしてみて下さい)。あと10席でソールドアウトです。ソールドアウト。いいですね。なかなか縁がない言葉なんで、がんばってお近づきになりたいと思います。

座席といっても、SACT!には武道館や日産スタジアムみたいに(例えが大き過ぎ?)座席番号があるわけではないです。お店の広さを考えて、イス50席以上が物理的に置けないんです。座れないとなると通常立ち見なんですが、それもお店の広さを考えると難しいかな…。

さあ選ばれし10名のみなさん!我こそはと名乗りを上げて下さい!ソールドアウトか?売れ残りか?いやー自分でやっててドキドキするくらいだから、きっと見てるみんなもドキドキするだろうなー。キャンセルが出たら「あー残席増えてるー!」ってことになる可能性もありますね。めでたくソールドアウトできたら、何かします。何?大入り袋?あ、ひとりで盛り上がり過ぎ?

ラ・ガンダ〜ロスロボス

冬に逆戻りしたかのような寒さです。残りチケット数を表示してから3日間で3枚の予約を頂きました。内訳は1日1予約でなく、何の音沙汰もない日が2日と、3件の予約を頂いた1日です。ドキドキというかこれ、ビクビクですね。残り一週間で7枚。なんかアンテナが立ちそうで立たない場所で携帯に向かってがんばれーって言ってるみたいな気持ちです。がんばれー。しかしこれは自分に向けて言うべきかな。

火曜日にレーシック近視手術を受けてきました。思ったよりもちゃんとした手術でした。レーシックのことをインターネットで調べると、手術の手順は出てくるけど、手術中、つまり実際にレーザーを当てている間、受けてる人間がどんな世界を見てるかはあまり紹介されてません。当然だけど眼の手術だから眼が空いたままなんです。だから見えるんですね、一部始終が。

これを参考に話をすると、僕はまず手術用の大きなイスに横たわらされ、頭の位置を軽く固定されます。この時点で僕は普段着だけど、先生達はすでにTV番組の「ER」のような格好(もしくは「振り返れば奴がいる」のような格好)で、まずこのギャップが異空間度を高めます。僕を乗せた大きいイスは180°回転し、ちょうどレーザー照射機の真下に顔が来ます。おそらく億円という値段のするこの機械はチューン、チューンという不気味な音を出し、僕も目の前では小さい黒い穴の中で赤い光が点滅してます。SF映画さながらです。地鳴りのような低い音も聞こえます。手術中は基本的に両目でこの赤い光を見てるように言われます。手術は片目づつ行われます。1の最終チェックを済ませる頃には開眼機で眼が閉じられないようになっていて、点眼麻酔というのも目薬くらいの量ではなく、何か細い管からじょーっというくらいかけられます。まっすぐ見ているはずの赤い点滅が少し上下にぶれます。2「フラップを作りますー」という声の後に、眼の上で何かが半回転くらいします。3先生がおそらくピンセットを使ってフラップをぺろんとめくります。これが本当にぺろんでした。めくったとたんに、今まで見えていた赤い点滅の輪郭がなくなり、すごくにじんで形を失います。4「ではレーザーをあてていきます」と言うと、バチバチ、バチバチ、ガガガガ、という工事用ミシンのような音がします。眼に何かが当たっている感覚はありません。赤い点滅は原形をとどめないまま、一応点滅だけは続けています。なるべく両目で見るように言われてたのに、いつのまにか手術を受けていない方の眼をつぶってしまっていることに気づきました。体にも力が入っているようです。怖くはなかったんですが、目の前にする全く新しい感覚世界に、肉体と視界のバランスがうまくとれません。30秒くらいでレーザー照射が終わり、また先生の手で5フラップがぺろんと戻されます。戻されたとたんに、赤い点滅は輪郭を取り戻します。すぐさま洗浄液のようなものが大量にかけられます。コイン洗車機を車内で見ながらかけている感じです。フロントガラスの上を流れる大量の洗浄液。眼というのはまさにガラス体で、それを通して映る世界を僕らは見ているだけなんだというのを実感しました。

もう一方の眼も同様に処置を終え、手術イスから降りる時にはすでに視力は戻っていましたが、結構しみるのであまり長いこと眼が開けられません。そのままソファで20分くらい休みます。点眼麻酔が切れてくるにつれて、痛みが出てきました。個人差があるらしいのですが、僕の場合はかなりの痛みで、なかなか眼が開けられない状態でした。その日他に手術を受けられていた数名の方は、見る限り全然平気そうでした。数時間病院で過ごした後、再度診察を受けました。術後の状態は問題ないとのことでした。雨の渋谷の街を薄目を使っておそるおそる歩き、何とか家まで戻ります。結局その日は最後まで痛みがひかず、予定してた作業をあきらめて、子供と一緒に9時に寝ました。

痛みは次の朝には消えていましたが、今もまだ視力に安定を欠いてます。こうしてパソコンの前に座ってキーボードをうつ作業も楽々とはいきません。近くのものは見えづらいし、眼もこすれないし、保護用に度の入ってない眼鏡をかけているので裸眼での視力が良くなったという実感も持ちにくく、あーレーシックをやってよかったー!という感想はまだ書けなくて、やれやれなんだか中途半端なレポートになってしまいました。

でも、手術後の視力は安定するのにしばらく時間がかかるようです。おそらくワンマンライブの頃には、裸眼アーティストとして本領を発揮し、はりきって歌えると思います。ガラガラガラ裸眼だ〜♪…なんだこのオチ。僕の新しい裸眼を見たい方は、ずぃ来週末新宿SACT!まで足を運んで下さい!残り7名様!

ソールダウッ!

ありがとう!今週末のワンマンライブ、チケット予約完了です!記憶をさかのぼってもソールドアウトには縁がなかったからなー。規模は小さくても、走り出した僕にとってはとても意味のあることです。本当に嬉しい。残りチケット数表示作戦が効いたのか…しかし一週間を残して完売とは僕も思わなかったけど、みんなも思わなかったでしょ?なので、よくばって追加チケットを用意しました!立ち見でもいいから行きたい!という方は、明日24日火曜日の夜8時から受付を開始しますので申し込んで下さい。くわしくはこちらまでー。

さて、今日の午後には独立後初めてのメールマガジン「走れ!マルチネス!」を送信します。今回の第33号はおちゃめ号です。33号か…早いもので第1号から丸2年。今回はお試し企画として、ファンクラブTAB!メンバーの方には少しだけ情報量を増やしてお届けします。そうそう、思いついた順に述べてしまうと、現在このウェブサイト上でファンクラブTAB!について詳しく知ることができません。ページ作りますので、もう少し待っていて下さい。

眼の調子は順調です。今日はパソコンがそんなにつらくない。フロンターレも勝ったし、土曜日に向けてよい一週間にしよう!

新宿SACT!への長い長い道のり(ミスド編)

1:こないだSACT!に行った時に写真を撮ってきましたので、28日のワンマンライブ、新宿駅から会場までの道のりをご説明しましょう。まずは待ち合わせから。大都会ですからね新宿は。ちゃんと待ち合わせ場所を決めておかないと確実に迷います。まずはここ。
alta.jpg
新宿と言えば今も昔もアルタ前でしょう。絶対アルタ前でしょう。アタリ前でしょう。タモリ前でしょう。森田一義アワーでしょう。もうやってないとかそういう細かいことはいいんです。アルタ前に待ち合わせ。決まりです。決定。待ち合わせる人がいない場合も、ここからスタートして下さい。決まりです。金曜日の夕方はおそらく人も多いでしょう。人混みをかき分けつつ、アルタを背にして左に向かいましょう。


2:するとすぐ左手に「OIOI」が見えてきます。細いビルですね。こことビッグカメラの間の路地を左折します。そのまま50メートルほど歩くと、大きい通りに出ます。これが靖国通りですね。前方左手にはにぎやかしい歌舞伎町が見えます。この大きい交差点の名前は「新宿区役所前」交差点と言います。だいたいこんな感じです。
misdo.jpg
田舎の人はこんなところに区役所なんてあっていいのかと思いますね。僕もその一人です。区役所は置いといて、みんな大好きミスタードーナツが見えますね。僕もその一人です。ポイントカードも持ってます。ココナツチョコレートが好きです。いやいや催促ですよ、これ。このためにこのページ作ってるようなもんですから。ポンデアーモンドも好きですね。まーまーそれはさておき、実際にミスドの前まで行ってみましょう。


3:時間に余裕がある方はミスドでコーヒーでも飲んで、せっかく飲んだんだからおみやげでもどうですか。あーそうですか。話を先に進めなさいと。わかりました。ここはだまって引き下がりましょう。期待を込めて引き下がりましょうフレンチクルーラー。ミスドの左手を見て下さい。
iriguchi.jpg
こんなところに遊歩道の入り口が。新宿って不思議な街ですね。しかしこの遊歩道、なんか汚ないな…。こんなところ入るの嫌だ…という人もいらっしゃるでしょう。僕も写真を撮った時は昼間だったからまあいいとして、金曜の夜となると多少抵抗を感じるのかもしれません。とても怪しい雰囲気です。ここはもう一度よーく考えてみましょう。ここを通るのが正解か、否か…まあ突っ立ってるのも通行人の邪魔なんで、あ!ちょうどいいところにミスドが…。


4:暗い裏通りでも全然平気、むしろ好きって方は、この遊歩道「四季の道」に突入です。好きな人は好きだからなーこういうとこ。実際入ってみるとこんな感じです。
yokocho.jpg
レトロチックなゴールデン街を抜け、ここで寝起きをされている方々の生活を肌で感じつつ、遊歩道を進みます。途中軽く二手に分かれますが、すぐつながります。まあ、ここは僕の言う通り右を選びましょう。左の道は「住宅街」なので。5分も歩かないうちに右手にサンドイッチのサブウェイが見えて来て遊歩道は終わります。このサンドイッチを見て「あー谷口さんってたしかドーナッツ好きだったなー」と思い返してみて下さい。横断を歩道を越え、道なりにまっすぐ行けば「新宿六丁目」の交差点が見えます。
6chome1.jpg


5:交差点を前にすると道路の抜こう側左手に大きく丸みを帯びたビルが見えます。これがカップヌードルの巣窟、どん兵衛の総本山、赤いきつねの宿命のライバル、日清食品本社ビルです。かつて伝説のライブハウス「日清パワーステーション」があった場所です。僕も一度だけ出たことがあります。交差点を渡って、近づいてみましょう。
nossinkabe.jpg
近づき過ぎた。
nissin.jpg
はい。茶褐色の立派なビルですね。とてもカップヌードルでできてるとは思えません。え?違うの?UFO?


6:「遊歩道に入る勇気がない私達レディはどうすればいいの?」というあなたのために、もう一度ミスドからやり直してみましょうチョコリング。遊歩道を通らずSACT!に向かう場合は、靖国通りをそのまま右手に降りて行きます。ミスドを背にして左手ですね。大きい通りなんで怖くはないと思います。と思った矢先に、伊勢丹の駐車場待ちの車の列に強引に割り込んでいくその筋の方が現れないとも限りませんので、やはり新宿では油断は禁物です。しばらく行くと、明治通りと交わる「新宿五丁目」の交差点。富士そばとABCマートが見えます。「あたしはドーナッツよりそば派」というあなた、どうしても富士そばが食べたくて横断歩道を渡ってしまったとしても、食べ終わったらちゃんと交差点の手前に戻って来て下さい。この「新宿五丁目」の交差点で左に曲がるのですが、必ず明治通りの左側を進みましょう。あとで後悔します。


7:花園神社を左に通り過ぎ、右手を見ると、ほーら、あっちは中州になっててえらく遠回りです。僕の言うこと聞いて正解でしょう。ドーナッツ好きはだてじゃないよ。少し下り気味の道を降りると、すぐに「新宿六丁目」の交差点。右手に日清食品ビルです。立派なビルですね。とてもカップヌードルでできてるとは…。


8:肝心のSACT!はこの日清食品ビルの並びにあります。明治通りをそのまま奥に進んでみましょう。右手に日清食品ビルを通り過ぎ、建設会社ビルを通り過ぎると、そこがSACT!です。
sactfront.jpg
「どこ?ポストと牛丼屋はわかるけど…。」じゃあ、もうちょっと寄ってみましょう。
sactkanbanout.jpg
この変な看板があるビルの地下にSACT!があります。おー事務っぽい。とてもライブハウスがあるとは思えません。時間によっては、床屋さんのグルグルが回ってるかもです。本当にあるのか?半信半疑で階段を下りてみましょう。
sactkanban.jpg
ほらね、やっぱりここだ。しかし手作りだなー。譜面台だろコレ。そのまま階段を下りれば、もう人だかり。何といってもソールドアウトですから。ね、ここまで書いたんだから、迷子にならないで下さいね。ミスド買ってて遅れましたってならないように。19時開演です。


9:あのー今更なんですが、都営地下鉄大江戸線の東新宿駅だと歩いて3分くらいみたいです。なんだよ!

『唄はつづくよ どこまでも 特別編』

終了しました。ありがとうございました。
昨年10月に京都、大阪、神戸をまわった酒井ヒロキとの再演です。福岡を拠点に活躍するシンガーソングライター江頭つとむさんとは初共演。
日時:5月12日(土)OPEN 19:00 START 19:30
会場:大阪 塚本 HOWLIN' BAR
   大阪市西淀川区柏里2-1-19 石川ビル2F
   tel 06-4808-2212
出演:谷口 崇、酒井ヒロキ江頭つとむ
※t.t.の出演時間はわかり次第お知らせします。
チケット:¥2000+1オーダー
チケット予約を希望される方は、
 ・希望されるライブ公演名
 ・名前
 ・フリガナ
 ・チケット予約枚数
 ・連絡先(メールアドレスか電話番号)
 を必ず明記の上、チケット予約受付専用メールアドレス reserve@takashitaniguchi.net にメールを下さい。当日会場での精算となります。

リハーサルしてたら

こんな時間になってしまった…。もうみんな見ないか。いよいよ明日です。早かったなー。準備がおろそかだなー笑。まあ経験上そのくらいがちょうどいいんです。楽しいステージにします。なんか夕方どかーっと雨が降るみたいですよ。笠持って来てね。あ間違えた。傘だ。笠だと目立つなー。では明日。

Thank You!!

「四月になれば彼女は」楽しく歌ってきました。来てくれたみんなありがとう。17曲も歌っちゃいました。来てくれたみんなにも4曲歌ってもらっちゃいました。初めて歌う曲や久しぶりに歌う曲が多かったけど、それなりに今の自分を投影して歌えたと思います。次は6/8のひかるとのツーマンライブです。ひかると2人で最初から最後までがっつりライブをやるのはおそらく初めて。今回は座席の関係でソールドアウトだったけど、あと15人は入るなー笑。みなさんぜひいらして下さい!!友達を誘おう!!!6/8だけじゃなく報告したいことがいくつかあるのでまたすぐアップします!!今日はありがとうー!!


セットリスト
4/28(土)『四月になれば彼女は』新宿SACT!
谷口崇:Vocal, Acoustic Guitar

第一部
01 新曲
02 カラリといこうぜ!
03 ベビメロ
04 April Come She Will(Simon and Garfunkel)
05 茜の空で
06 走れ!トーマス 2007
07 風をあつめて(細野晴臣トリビュートより)
08 People Get Ready(Curtis Mayfield)

第二部
09 時にまかせて(金述幸子)
10 それが恋だった
11 苦々しい
12 イナミ(リクエスト)
13 指でさようなら
14 DRAGON BALL〜Drvie My Car(Beatles)
15 The Song Of Love

アンコール
16 新曲
17 One More Try Again

続きを読む "Thank You!!" »

「六月になればひかるは」

終了しました。ありがとうございました。
当日の演奏曲はコチラ

新宿SACT!での大都会ライブ第2弾はプロデューサー/ギタリストであり、親友でもある石崎光とのツーマンです。考えてみたら、かなり長く深い付き合いなのにふたりきりでのステージは初めてです。いろいろとアイデアが出てきそうなので、その都度報告します。リクエストがあればメール下さい!ひかるのブログ赤いなー。
公演名:「六月になればひかるは」
日時:6月8日(金)OPEN 19:00 START 19:30
会場:東京 新宿 SACT! http://www.sactsow.com/
出演:谷口崇、石崎光
チケット:前売り¥2,800 当日 ¥3.000(共に1オーダー ¥500)
◆TAB!members価格:前売り¥2,600 当日 ¥3,000(共に1オーダー ¥500)
チケット予約を希望される方は、
 ・希望されるライブ公演名
 ・名前
 ・フリガナ
 ・TAB!メンバーの方は会員番号
 ・チケット予約枚数
 ・連絡先(メールアドレスか電話番号)
 を必ず明記の上、チケット予約受付専用メールアドレス reserve@takashitaniguchi.net にメールを下さい。当日会場での精算となります。TAB!メンバーの方は会員証の提示をお願いします。

「春吉橋のうた」

福岡でのライブも一年振り!山笠の始まる直前に春吉橋近くのトゥーペロで歌うことになりました。気持ちは水法被に締め込みです。おいさ!
公演名:「春吉橋のうた」
日時:6月30日(土)OPEN18:00 START 19:00
会場:福岡 西中洲 TUPELO
出演:谷口崇(ワンマンライブ)
チケット:前売り ¥3,000 当日 ¥3,500(共に1オーダー ¥500)
※TAB!members価格:前売り ¥2,800 当日 ¥3,500(共に1オーダー ¥500)
チケット予約を希望される方は、
 ・希望されるライブ公演名
 ・名前
 ・フリガナ
 ・TAB!メンバーの方は会員番号
 ・チケット予約枚数
 ・連絡先(メールアドレスか電話番号)
 を必ず明記の上、チケット予約受付専用メールアドレス reserve@takashitaniguchi.net にメールを下さい。当日会場での精算となります。TAB!メンバーの方は会員証の提示をお願いします。

谷口崇のTAB!

谷口崇のファンクラブTAB!が存続危機を乗り越え、続行と相成りました。こうなったらもうひとりでも多くの人を巻き込んでやる意気込みで、盛り上げていこうと思います。ぜひ盛り上がっていただきたい!初めてのファンクラブイベントやライブチケットのメンバー価格の設定など、今まで以上にワンダフルな内容となってます。単なるファンサービスの場でなく、谷口崇を応援していることを実感できるような実りのあるクラブにしていきたいです。この機会にぜひご入会、ご更新下さい!

TAB!について

年会費:¥3,000
会報誌3回発送期間を1年1期として考えます。

入会金:¥500(新たに設定しました)
※会報誌第4号発行(7月下旬)までの新規入会金は無料

特典
◯会員証発行
◯CD「タブラジオ」付き会報誌「TAB!-loid」の発行
◯ライブ情報等の優先告知
◯ライブやグッズ等の特別料金
◯メンバー限定イベントへ参加できます(7/7に初開催!)
◯その他、楽しいことたくさん(んな曖昧な…)!

入会をご希望の方は、
お名前/ふりがな/生年月日/性別
郵便番号/ご住所/メールアドレス/『TAB!入会希望』
を明記して fanclub@takashitaniguchi.net までメールを下さい。
追って、こちらよりご連絡致します。
また、ファンクラブTAB!についての資料請求やお問合せも
fanclub@takashitaniguchi.net へどうぞ。

更新をご希望の方は下記口座に年会費をお振り込み下さい。
追って、更新手続き完了メールをお送り致します。

銀行名:三井住友銀行 溝ノ口(みぞのくち)支店(支店番号596)
口座番号:普通 7195902  口座名義人:タニグチタカシ
※振込依頼人名欄にあなたのお名前に続いて会員番号を明記して下さい。
※振込手数料はご負担下さいますようお願い致します。
※各ライブ会場にて入会更新手続きを行う場合もございます。