« May 2007 | HOME | July 2007 »

ステレ

 連日TAB!の会報誌やイベントの準備やってます。あと少しでお届けできます!
 合間に今週金曜日の新宿SACT!でのワンマンライブのリハーサル。頭からお尻までひかるとふたりでライブをやるのは初めて。歌いたい曲を見繕って持っていった。
 一、二回やって、これは歌おう、これは今回はナシと手際よく判断していく。ひかるは僕のイメージを一瞬で飲み込んで、精度の高いセンスのいい演奏ができる。そんなミュージシャンと一緒に音楽を作っていける幸運といったらナイ。なかなかナイんだよ、本当に。それでその日はなんだか感慨深くなってしまって、つい出会った頃のことや、近くに住むようになったことなど、昔のことを何度も口に出してしまった。
 世田谷に住んでいた時に、ひかるがうちに遊びに来て、その時の様子を凄く覚えているんだけど、低いテーブルを挟んでギターを持ち寄り、曲を作った。僕は一弦と六弦をEからDに落としてスリーフィンガーのアルペジオ。ひかるはそこに透明感のあるリフを乗せた。その途端に僕の頭でイメージが広がる。でたらめな英語でメロディをつけていく。ひかるのリフがスイッチになって産まれた歌。こんなリフだ。ステレステレステレステレステレーステレステレステレー。
 それで僕らはその曲をしばらく「ステレ」と呼んでいた。少したって「ステレに歌詞書いてみてんだけど」と言って、三宿のデニーズで落ち合った。「こんないい歌詞つけちゃったの笑?」と言われたのを覚えている。ステレのままというのも何なんで別にタイトルも付けた。



メール from カナダ   

元気にしてますか
そちらはどうですか
噂でききました
あなた方が別れたと

街は変わりました
湖も溶けました
去年のクリスマスに
子供が生まれました

あなたが日本へ帰る前
渡した白い紙
書きたかった言葉ひとつも
書けなかった
そんな手紙もあるんです

彼のことだから
今ごろはどこかで
痛みと向き合ってるんでしょう
僕もそうでした

ナイアガラで言った気がします
いつか戻ってきてほしい
あなたは返事をしなかった それとも…
流れ落ちる 滝の音にかき消されて…

「‥‥yes‥‥」

体に気をつけて それでは


ということで、この曲を今週のステージでやります。ひかるはステレステレというギターリフの弾き方を思い出すのに苦労してました。もう7年も前の話だもんな。7年経って初めて人前で歌います。よかったねーステレ。

それはそうと、前回4/28のワンマンライブはめでたくソールドアウトさせてもらったのですが、今回はこの段階でまだまだ席に余裕があります!キャー大変!金曜日は忙しい?みなさんぜひステレ聴きに来て!

ライブ前日

明日は金曜日、おそらく晴れでございます。ヒカルとのライブ楽しみにしててね。2人だけだからね。のっけから楽しい感じでやっちゃいます!乗り遅れるな!

それにしても明日は気持ちよく歌えそうです。なぜなら
070607_231821.JPG

会報誌第3号が出来上がったからです。完全にはまだですが、明日ライブに持っていってメンバーの方には直接渡しちゃおうと思います(もちろん郵送を希望の方はそちらも可能です)。そして、会場で直接入会した人にも、その場で出来立ての会報誌をお渡ししようと思います!やったー!できたー!肩の荷が少し下りたー!

ということで、メールマガジンでもお知らせした通り、明日の午後1時まで前売りチケット予約受けつけてますよ。ギリギリでもかまいませんので、聴きに来てね−!

ライブ終了

『六月になればひかるは』来てくれたみなさんありがとう!ひかるにもありがとう!SACT!のスタッフの皆さんいつもありがとう!。来たかったけど来れなかった人も次は是非!先程帰宅して更新してます。今日はゆるかったねー。終電逃しちゃった人ごめんね。セットリストです。

『六月になればひかるは』
2007/06/08(金)新宿SACT!
tt:Vocal, AG
石崎光:Guitars, Chorus
第一部(シャツ)
01:エヴリィ・every(懐かしいー)
02:心に水をやろう(新潟銀行CM)
03:People Get Ready(俺歌詞)
04:指でさようなら(アドリブ)
05:カラリといこうぜ!(どっち?)
06:愛の証明(ララーラーララー)
07:こんなにも青空(いつのまにか夏)
第二部(Tシャツ)
08:夜風の誘い(新曲)
09:志布志の凪(初演奏)
10:メール from カナダ(初披露)
11:睡蓮(リクエスト)
12:エンド・オブ・イノセンス(リクエスト)
13:Your Smiling Face(James Taylor)
14:イナミ(バラード)
15:オールマイティ・ベイビィ(ファンク)
16:The Song Of Love(キャンプファイヤー)
アンコール
17:ザ・ルネサンス・マン(それがルネ)
18:One More Try Again(ボックス)
アンコール2
19:ヨランダ(ttひとり)


19曲もやったんだ…。知らなかった笑。遅くなってごめんねー。

知らんか

佐賀県には武雄(たけお)市というところがあって、うちの本家はそこにあるという話を親から聞いたことがある。「たけお」の2人はそんなこと当然知らんやろうね。もし知ってたら凄いな。知ってて呼んだとしたらびっくりだね。知らんか。俺だって最近知ったのに。いずれにせよ、僕が来週たけおのイベントで歌うのは、もう何代も前から決まっていたことなんだと思う。思わんか。


そんなことはいい。つまり、大川たけしの「たけ」に杉浦琢雄の「た」と「お」で「たけお」なわけだから、僕谷口崇がそこに入ると当然「たかお」になるべきだ。ならんか。もしくは「たけに」とか。「たにし」でもいいのか。よくないか。小学校低学年の頃に「タニし」って呼ばれてよく腹かいた(佐賀弁で腹が立つの意)な。うちの姉ちゃんは「タニしには毒がある」って言ってたけど、きっとないな。


そんなことはいい。「たけお」と僕の出会いは、思えばヤマハを辞めてすぐに東京60ワッツのイベントでマモルさんと共に大阪でライブをさせてもらった時だから、もう6年くらい前か。あの時僕は本番前に、会場となった今は亡きネストサルーンのとなりにあった洋服屋で衣装を衝動買いして、それを着て歌ったんだけど、それがまあいけてない服だった。のを今思い出した。どんくらいいけてないか、見せたいなー。「えーこれ買ったのー。どんだけー」よし、たけおのふたりは覚えてるわけないけど、再来週はあれを着て歌おう。


イベントの中身について、大川君とやりとりをしてて、そーいえばライブは何度も見たけど60ワッツのCDって聞いたことないなーと思ってアルバム「東京」を図々しく頂いた。そしてこれがとても素敵なアルバムだった。車の中で運転しながら聴いてて、暑いのに何かサワサワっと鳥肌がたつというか。音になった空気がそうさせたんだと思う。とてもよかった。僕は何か少し60ワッツのこと誤解してたなーと恥じ入りました。いいアルバムに出会えて幸せだし、そんな「たけお」と一緒に「たかお」になれるのもとても光栄だ。これからこのアルバムのこの曲を練習してみて、うまく歌えたらイベントで歌いたい。それでその場の空気を音に変えてお客さんの顔をキラキラさせて、それをステージから眺めたい。


それはそうと、福岡県には大川市というところがあって、そこがうちの母の実家があるというのを大川君は知らんだろうなー。もし知ってたら凄いな。知らんか。


公演名:たけおpresents「ふたり合わせてたけおです」vol.2
日時:6月23日(土)OPEN 17:00 START 18:00
会場:東京 代官山 晴れたら空に豆まいて
出演:たけお(大川たけし&杉浦琢雄)/ ゲスト:谷口崇
チケット:前売り ¥2,500 当日 ¥3,000(共に1オーダー ¥500)


初めまして。谷口崇という者です。

ttnetplofile2.jpg
谷口崇/たにぐちたかし

ttnetplofile.jpg
拡大図



1973年佐賀県生まれ、福岡県に育つ。
類いまれなる歌声(高音)を持ち、時に繊細に、時にグルーヴィーに自作曲を歌い上げるシンガーソングライター。
1997年に「ザ・ルネサンス・マン」でデビュー、以後シングル7枚アルバム5枚をリリース。ヤマハ音楽振興会、オアシス・サウンドデザインを経て、2007年4月よりフリー。ここ数年はアコーステックギターでの弾き語りをメインに、東京、大阪、福岡を中心にライブ活動を行っている。最新作はバンドでのステージを収録したライブ盤「7/7LIVE」(2007年7月発売予定)。



ディスコグラフィ
ALBUM
1st AL『BUSINESS』KICS655 98/01/21
2nd AL『becoming』KICS707 98/12/18
3rd AL『SONG OF LOVE』KICS766 99/11/26
4th AL『1に戻る』
5th AL『シンガーズロンリー』(ミニアルバム)
6th AL『7/7 LIVE』



Single
1st SG『ザ・ルネサンス・マン』KIDS350 97/07/24
2nd SG『指でさようなら』KIDS351 97/09/03
3rd SG『エブリィ・every』KIDS355 97/11/21
4th SG『秘密の海』KIDS387 98/06/26
5th Maxi SG『カラリといこうぜ!』KICS700 98/10/22
6th SG『夏ぞら』YCDL-00001 01/07/18
7th SG『イナミ』YCDL-00004 01/10/17

何を今更

なぜ「初めまして」かと言うと、それはもちろん初めてこのウェブサイトを訪れる谷口崇ビギナーの皆さんに向けているわけです。というのも、5月くらいからアクセスが急増してまして、「んー宝くじでも当たったか?」と考えたんですが、おそらくこれは「細野晴臣トリビュート」効果だという推測に行き着きました。で、今更ながら自己紹介したわけです。どうぞよろしく。

そんなことする余裕がやっと少しだけ出てきました。さらに部屋を掃除してたら、探していたDVケーブルも出てきました。これで、こないだのひかるとのライブ映像をPCに取り込んでみたりしてみました。今日はそこから切り出した画像アップだけで精一杯。映像の編集は難しいです。

ttandhikaru.jpeg

TAB!-live開催決定のお知らせ

暑い夏の兆しが近づいてきました。みなさんいかがお過ごしですか。TAB!インフォメーションデスクよりTAB!-live開催決定のお知らせです。
「え?決定って、決定してなかったの?」と、思われる方も多いと思いますが、そーなんです。参加希望者様がめでたく最低催行人数達しましたので、ここに高らかに開催を宣言します!

 さらに先日発送されたTAB!メンバー向け会報誌『TAB!-loid vol.3』上で告知していました企画をこの場でも紹介させて下さい。

(1)TT顔石膏(せっこう)プレゼント!
谷口崇1stアルバム『BUSINESS』の歌詞カード撮影のために制作されたttの石こう製の実物大顔型を、7/7の会場にて抽選会を行いプレゼントしちゃいます。といってもコレ、はっきり言って気持ち悪い!でも世界に一点しかありません。さらには撮影当時(24歳)の本物の眉毛が数本埋まってます!やばい!ttグッズ(グッズなのか?)の中でも事実上最強の一品。壊れやすいですが、ちゃんと専用ケースに入れてお渡しします。重いけど。え?誰もいらないって言ったら?…叩いて割ります。
mask.JPG



(2)「7/7LIVE」名入れ募集!
今夏に発売されるライブアルバム「7/7LIVE」のジャケットに、なんとTAB!メンバーであるあなたのお名前載せちゃいます!どこに載せるかは決めてませんが、まあいわゆるスペシャルサンクスコーナーのような感じになると思います。もちろん無料です!載せて!という方はご連絡下さい。締め切りは6/15(金)の予定だったんですが、意外に載せてという方が少ないのと、ジャケット印刷の入稿がまだ間に合うので、締め切りを少し伸ばします。今からでも遅くありませんので、名入れを希望するメンバーの方は載せて欲しい名前の表記(本名でもペンネームでもひらがなでも英語でもOK!)を書いて、tab@takashitaniguchi.net までメールを下さい。


ということで、TAB!の活動は7/7に向かって盛り上がっていきたいと思います!今回のイベントは会場の規模やご来場者ひとりひとりをできるだけケアしたいことを考えて限定40名とさせてもらっていますが、と言ってもまだ満員なわけではありません。様子を見ているメンバーの皆さん、そして隙をうかがっている非メンバーの皆さん、ぜひご参加下さい!石こう欲しいという方もぜひ!名入れ希望も待ってまーす


TAB!インフォメーションデスク

福岡県対策その1

fukudm.jpg

福岡県にお住まいの方に向けて上のような急遽DM(ダイレクトメール)ハガキを出しました。6/30の久しぶりのワンマンライブのお知らせなんですが、どーにもこーにもチケットが売れてませーん!笑えー!いやいや、もちろん僕の不徳の致すところですが、やるだけのことはやらんといかんぞと急遽DMハガキ発送に至りました。メール社会となった昨今、一通50円かかるDMハガキは出す側にしてみれば結構大変。でもみんながみんな毎日パソコンやってるわけじゃないんやし、仕事から帰ってきてふとポストを見ると好きなミュージシャンからのハガキが入ってたら、まー俺だったら嬉しいね。ライブに行く行かんは別として。

…なーんて強がってる場合じゃなーい!福岡のライブ、ぜひ足を運んで下さい!ご来場を心よりお待ちしてまーす!

で、話は変わりますが、ここ数年、チラシやDMなどいわゆる紙もののデザインはほぼ全部自分でやるようになりました。TAB!の会報誌もそう。プロフェッショナルではないのでやれることはそんなに多くないし、増えてもいかないんですが、作業スピードは速くなった。そんなこと自慢してもしょうがないですが。今回のDMハガキには、去年のグリムフォークフェスの時の写真を使わせてもらいました。実際にはこんなかっこいい写真です。

towalk2002.jpg

撮影者はTOWALK2002キタガワ氏。最近めずらしい(?)シンガーソングライター好きのフォトグラファーです。今度のファンクラブイベントでも協力してもらうことになりました。キタガワさんは映像も手がけてたりするので、せっかくだから七夕当日に特別な映像を、何か「小さいプレゼント」的に準備しようと、こないだ打ち合わせしました。銀座のマックで。銀座でマックかよ笑。それだけじゃなく、当日はキタガワさん自らがシャッターを押して、参加者のみんなと僕の写真(ツーショット)を撮ってくれる予定です。めかしこんで来て下さいね。

キタガワさんはライフワークとしてシンガーソングライターを記録し続けているんだけど、彼は僕に「マイクが顔の前にあると邪魔だなと思う時があるけど、谷口君はマイクも含めて『谷口崇』なんだよね、撮る側からすると」と言ってくれます。自分で言うのもなんだけど、言い得て妙だと思う。僕がステージではオンマイク(マイクに口をつけて)で歌うからという物理的な理由はあるにしても、谷口崇のステージの身体性をうまく掴んでる表現だなーと。自分で言うと変か。キタガワさんありがとう!

そんな「マイクも含めて」谷口崇のワンマンライブ、しつこいけど今月30日、春吉橋のたもとで待ってまーす!

たかお!

たけおpresents「ふたり合わせてたけおです」vol.2、終了しました。来てくれた皆さんありがとう。今日のステージで僕を見てここを訪れてくれてる皆さんもありがとう。楽しい夜でした!
何より東京60WATTSの名曲を一緒に演奏できたことが、俺自身はとても嬉しかったし、楽しかったです。軽くセットリスト載せておきます。

前半:たけおパート
 たけお=大川たけし&杉浦琢雄
・はなうた(東京60WATTS):ttはギターとコーラスで参加
・茎を折る(tt未発表曲):杉浦琢雄pf
・イナミ
・オールマイティ・ベイビィ
・ピープル・ゲット・レディ
・東京にて(東京60WATTS):ttがカバー
・雨はいつか(センチメンタルシティロマンス):たけおとたかし=たかお
・外は寒いから(東京60WATTS):たかお
・The Song Of Love:たかお
・目白通りはいつも通り(東京60WATTS):たかお
・ラブ・イズ・オーバー(フィーフィー):たかお

会場の「晴れたら空に豆まいて」で少し打ち上げをやり、久しぶりにビールを3杯飲んで、田園都市線で帰ってきました。良いと興奮が程よくミックスされたまま電車に乗るのが、僕は結構好きです。土曜日は金曜日ほど混んでないので、機材とギターがあっても比較的ゆっくり立っていられます。ボーっと外を見ながらグリムフォークフェスのことを考えてました。事情により今年はグリムはないんだけど、来年はやりたいなーと思いながら多摩川を渡って帰ってきましたー。

今日はいくつかインフォメーションを

本日メールニュース「走れ!マルチネス! vol.36」を送信しました。
「え?私のとこには来てない…」という方は、お手数ですが再度socio@takashitaniguchi.netへ空メールを送って下さい。

それから、そこでも書いたんですが、今週末に迫った福岡でのワンマンライブになんとスペシャルなシンガソングライターが2人も遊びに来てくれることになりました。ひとりは熊本のシガキマサキくん。一昨年前のグリムフォークフェスで出会って以来親交を深め、僕も何度か熊本でライブをさせてもらいました。そしてもうひとりは、先月大阪で一緒にライブをした江頭つとむくん。ここ数年のことなんだけど、行った先々で出会ったミュージシャンやその仲間と仲良くなる機会が増えて、そのことが今の僕にはとても大きい楽しみでもあり、刺激を与えてくれる機会でもあります。6/30はあくまで僕のワンマンライブですが、彼らの歌も、彼らとのハーモニーも堪能してもらえるはずです。得だなー。ぜひお越しをー!



それから来週末にはファンクラブイベント「TAB!-live」も迫ってます。先日は、その日に流す予定の特別映像の撮影に、上野の方まで行ってきました。
towalkueno.jpg
踏切の向こうでカメラをいじっているのがTOWALK2002のキタガワ氏。僕もどういったものになるのかまったくわからないので、参加者と同じ気持ちで楽しみに待ってようと思います。
そんなことやあんなことやいろんなことを用意してお待ちしていますので、参加を迷っている方はぜひお早めに!残りはあと10数名ほどです。

そしてライブアルバム「7/7LIVE」のジャケットクレジットにお名前載せちゃいます企画ですが、今夜を持ちまして終了させて頂きます。ご応募ありがとうございましたー!

そんなことでインフォメーションいくつかでした。おー忙し。

春吉橋前日

木曜日から福岡に帰ってきてました。暑いね、さすがに。でもこの暑さを感じると、不思議と気持ちが高ぶってきます。帰って来た日は、山笠の飾り山がある場所で待ち合わせしたののもあり、帰郷感が著しく、あやうく泣きそうになりました。なんで泣くの笑。

待ち合わせをした人は、僕がもう十数年も世話になっている人で、その人から誘われてある音楽学校に行ってきました。生徒さんはみんな若くて、それぞれに思いがあって音楽を志していて、僕はまあどっちかというと音楽をするのに学校に通ったり、人に習ったりする発想がなかったので、そういう場に行って何をしゃべればいいのか検討もつかなかったんだけど、生徒さん達はみな、恥ずかしがりながらもちゃんとまじめに僕に向かっていてくれて、その目を見てたらしゃべりたいことがどんどん出て来て、結局80分もしゃべったり、歌ったりしてしまいました。

今あの生徒さん達の顔を思い返してみて、まじめな姿勢の中に、結構クールな表情の中に、えも知れぬ不安やあせりがあるんだろうなあと想像すると、自分がそうだった頃のことを思い出してしまいます。やはり福岡は、僕にとってまぎれもない故郷で、ここでしかできないことや、感じれないこと、思い出せないことがあるんだと改めて思いました。

明日は、まだ僕が不安と焦りに満ち満ちていた頃のことをどっかで思い出しつつ、歌ってみようと思います。はたして僕の真ん中の軸は十数年前と変わらずぶれていないか。

という堅いことは置いといても、明日は楽しい夜になりそうですので笑!さっき急に江頭くん宅に押し掛けてリハーサルしてきました!たくさん歌います!