« October 2007 | HOME | January 2008 »

クリスマスイブイブは京都

ご無沙汰しているうちに、今年もあと少しになってしまいました。今更ながらですが、「7/7LIVE」のページも出来上がっていて、ホームページ右上の写真から飛べるので行ってみて下さい。それと10月の「歌うでしかし」が今年関西最後だと言いましたが、友人で良き音楽仲間であるSHUUBIからお誘いを受けまして、クリスマスに京都で彼女のステージを手伝うことになりました。無料のイベントらしいのでお時間ある方は拝みに来て下さい。

イベント名:『2007ザ・キューブクリスマスミニライブ』
会場:京都駅ビル専門店街ザ・キューブ~ポルタ間地下連絡通路
   京都駅ビルホームページ
日時:12月23日(日) 13:00 / 15:00 (2ステージ) 入場無料
出演:SHUUBI (サポート 谷口崇)

クリスマスイベントといえば数年前に恵比寿ガーデンプレイスで歌わせてもらったステージは個人的にもとても思い出深く、自分の曲だけでなく「Winter Wonder Land」や「Christmas Time Is Here」といったスタンダードナンバーも歌えて幸せでした。今年は僕がメインで歌うわけではないですが、クリスマスという特別な日にステージに立てることに感謝したいです。


初サンタ

071224_105005.JPG
孫宛に太宰府から送られて来た光って歌う立体サンタカード

今年は初めて本格的に担当します。息子がクリスマスのことをわかるようになったので。プレゼントは手堅くトトロの絵本です。喜んでくれるかな。

京都でSHUUBIのライブに同席してきました。ありがたいことに彼女は僕の曲を歌いたがってくれて、「Cover on my heart」と「泣き虫」を一緒に歌いました。「Cover on my heart」は誰かとふたりで歌うような曲じゃないと固辞したんですが、SHUUBIはまるで自分の曲のように彼女なりの解釈を力説し、感服しました。

今回、SHUUBIの何かを伝えたいという情熱にグッと引き込まれる瞬間が何度かあって。ひたむきさというか何と言うか、SHUUBIがいう「セット・ミー・フリー(自己解放)」というのを少しは感じれたのかな。自分のステージではできない貴重な体験でした。この場を借りて、SHUUBI本人、スタッフ、それから温かいSHUUBIのファンに感謝します。ありがとう!

京都駅でビールを三杯飲んで、新幹線に飛び乗って3時間弱で帰宅しました。らっというまだなー。(←M1グランプリのサンドウィッチマンのネタ。笑い飯が面白くなくて残念だったけど、この人達は面白かった!)

ところで唐突ですが、明日は酒井ヒロキが1枚目のアルバムをリリースします。思いもよらず僕のコメントが大フューチャ—されてて、恥ずかしくもとても嬉しいです。来年はまた一緒にやることが増えそうな予感です。サイトでは試聴もできるので是非一度訪ねてみて下さい。

メリークリスマス!


てんぐとガス

寒い雨が降っております。今年も残りわずか。今年はこんな時間まで起きてることが少なかったなー。恩(息子)にきちんと生活のリズムができ、朝ちゃんと一緒に起きるようになったからね。一年を振り返る程あまり音楽活動できませんでしたが、新しい友達や新しい歌にも出会えたし、ワンマンライブも数回やったし、ライブCDも出し、え〜他に…あーそのくらいか。先日忘年会にちょこっとだけ参加しまして、そこでぐてんぐてんになった長い付き合いのベーシストから「谷ちゃんはイカンって。ダメ!ダメ!ダメ!そげんのはダメばい〜。もっとバリバリやらな。やっとーとや?やっとらんめ〜がだいたい。お前はそれがダメやん。自分がどんだけの才能ばもっとるとかわかっとらんめ〜が。何しようとだいたい。ぐ〜…」と叱咤されました。そーやね、バリバリせなね。あ、雨がやんだ。かっちょんありがとう。


071229_030657.JPG
この番組見た人いる?NHKの爆笑問題のやつです。ガスって何がガスかっていうと「すべて」がガスなんだって。何もかも。僕も恩もかっちょんもネズミも森も海もパソコンもハンバーガーもアクリルも爪切りも氷河もかどちも墓石も何もかもが、分子力学から見ればガスなんだって。ガス・ダッジョン※じゃないよ。がすぱっちょじゃないよ。すごいねー。
ネズミに食べ物を与えて、その食べ物の分子がネズミの体に元からあった分子とすっかり入れ替わっているということをこの福岡先生は証明したらしく、つまりそれは、僕の細胞を構成している分子も常に新しいものと入れ替わっていて、今年の僕は去年の僕ではないそうなんです。わかります?ちょっと自分の解釈に自信が持てんけど、地球上の分子の量はだいたい一定で、長い時間で計れば、その分子が時には僕を形成し、時には恩を形成し、といった具合にね。いいねー。みんなガスなんやって。今年の僕は去年の僕じゃないんやってよ。じゃあ来年の僕も当然今の僕じゃないんやって。おー嬉しいね何か。この番組を見た時は自宅で酔っぱらってたけどとても驚いて胸がドキドキしました。おお!これって俺が「愛の証明」で歌ってる「それは砂のように形のない集まり」と一緒やんかー。一緒じゃねーかー。脈略ない話ですいません。あ、雨がまた降って来たよ。

※ガス・ダッジョン(1942〜2002)…エルトン・ジョンの数々の名盤を英国人プロデューサー