« スポーツマン | HOME | 出音初め式 »

珍味

ここ数年通っている神社へ遅い初詣。長い階段を上がる間に身が清まっていく思いです。二礼・二拍手・一礼。

その後、親戚のお宅へ年始のご挨拶。僕ら家族にとって関東にいる親族はこのお宅だけなんでよくお邪魔するんです。お昼前からビールを頂き、そのままお昼を食べて、そのままこたつに入ってうたたねできる…そんな親戚がいて幸せだなー。目が覚めたらもう夕飯でした。その時に見たことのない調味料が食卓に出てました。

080113_201831.JPG
叔父が高菜(九州では漬け物と言えば高菜)にからめて食べているので、おそらく辛味か何かだと思ってきくと、「がにづけ(がんづけ)」というもので、有明海でとれるカニ(シオマネキ)をつぶして塩と唐辛子漬けにしたものでした。試しに一口食べてみると猛烈に辛い!さらに磯の香りが強烈!でもとても美味い!なーんて酔っぱらって騒いでると、こういうのもあるけど、と言って出てきたのがこちら。
080113_202745.JPG
これは「あみ漬け」というもので、その名の通りあみ(エビの小さいの)の塩漬け。この「がに漬け」と「あみ漬け」は有明海の珍味の代表格らしいです。ふたつともお酒にもご飯にも合いそう。

なんかミュージシャンのブログじゃなくなってきたなー。写真に頼ると駄目やね。

しかしまあ何といっても有明海の珍味と言ったら「ワラスボ」でしょう。絶対食えないってこれは。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.takashitaniguchi.net/mt/mt-tb.cgi/12

コメント (6)

ほりえもん:

あみ漬けってバリ塩辛いですよねぇ。
ウチの爺ちゃんがよく食べてるけど、
血圧上がらんかいな?と心配してます。
まぁ私よか元気やけどw

kurione:

おお、いつの間にかコメントができるようになっていたんですね。
珍味・・・姿そのもので出てくるものは苦手です。
生き物の命をいただいている、ということでは捌いてあるものも、そのままの物も同じことなんですけどね。
修行が足りてない私です。

まっちゃん:

がにづけは名前だけ聞いたことある!うまそう。
ワラスボは初めて見ました。頭付きで料理されてるって事は、頭も丸ごと喰えって事なのか?食せるのか??
昔、雀の脳みそを食べた次の日の朝、やけに雀の鳴き声が耳についた事あったけど、ワラスボ食べたら変な夢を観てしまいそう…。

いの:

アミ漬け、好きです!
沖アミですよね。塩辛くて、お酒の肴にもいいし、私はお茶漬けで食べます。少しでお茶碗一杯食べれるので、ず~っと冷蔵庫にあるんです。でも、私の住む愛知では売っていないので、物産展で来たときに購入してます。九州出身としては、辛いです。高菜は炒めて、唐辛子入れてご飯のおかずですね!あ~食べたい!!

shiho:

ワラスボ。。。はじめて見ました。

ちょっと怖いけど、ちょっと興味がありますね~。

デイリーポータルZ、私もよく見てます!

tt:

コメンツありがとう。みんな結構食べたことあるんやね。昔、佐賀から札幌へ飛行機で移動した時に、佐賀空港に売ってたワラスボの干物を買って、札幌のラジオ局の編成部の入り口にぶら下げたこともありましたが、今考えると大迷惑ですね。なんてやつだ。ちなみに僕はワラスボは食べません。出されても。悪いね。

コメントを投稿