ライブふかどん詳細

■公演名:谷口崇7/7LIVE2008〜ライブふかどん
■日時:7月7日(月)OPEN 18:30 START 19:20
■会場:東京 新宿 SACT! http://www.sactsow.com/sact/
    新宿駅からの行き方はコチラ
※ちなみに最近できた副都心線や大江戸線の駅がある東新宿駅からだと徒歩3分ほどです。
■出演:ふかどんメンバー
    谷口崇 vocal, A-Guitar
    酒井ヒロキ chorus, E-Guitar
    岸田きしやん年雅 chorus, drum
■チケット:前売り ¥3,000 当日 ¥3,500(共にドリンク代¥500別)
■メール予約:reserve@takashitaniguchi.net にて5/25より開始
■問い合わせ:SACT!/050-7510-5158

ttnetでチケット予約を希望される方は、
 ・希望されるライブ公演名
 ・名前
 ・フリガナ
 ・チケット予約枚数
 ・連絡先(メールアドレスか電話番号)
 を必ず明記の上、チケット予約受付専用メールアドレス reserve@takashitaniguchi.net にメールを下さい。当日会場での精算となります。

ライブふかどん

前述のブログで、ここいらには木登りできる木が少ないと書きましたが、少ないけどよく見たら少しはちゃんとありそうです。木登りする気がなかったみたい。

さて来月3日(火)にイベントに出演した後は、14日(土)に同じ会場でSHUUBI仕切りのイベント「flower voice」がありまして、そこでホスト役のSHUUBIのステージをサポートさせてもらいます。コーラスもするんですが、目の前にマイクがあるとついつい歌ってしまいそうになります。お時間がある方はぜひ!

そして、7/7(月)のワンマンライブですが、昨年秋に大阪やった時と同じく、ギターに酒井ヒロキ、ドラムに岸田きしやん年雅を迎え、ベースレス3ピースバンドでお届けします。その名も「谷口崇7/7LIVE2008〜ライブふかどん」。詳細は近日アップです。


注)ふかどんとは、打ち上げで呑みにいく大阪十三にある大衆居酒屋の名前。

6/3イベント詳細 追加!

■公演名:アコギナヨル
■日時:6月3日(火)OPEN 18:00 START 18:30
■会場:東京 表参道 FAB http://www.fab-web.net/
■出演:谷口崇(4番手、だいたい20時30分くらいから30分間)、 酒井ヒロキ(1番手、だいたい18時30分くらいから30分間)、他
■チケット:前売り ¥2,300 当日 ¥2,500(共にドリンク代¥500別)
■メール予約(FAB):メール予約用アドレス yoyaku@fab-web.net 宛に、
公演日、お名前、予約枚数、電話番号の4項目をご送信ください。
予約が完了しましたら、予約番号をご返信致します。
尚、ローソンチケットでも販売致します。
Lコードは、76551です。
チケットをお持ちの方からのご入場となりますので、
早めにご入場されたいという方は、FABのメール予約でなく
ローソンチケットでお買い求め頂いた方がいいかと思います!
※ttnetでの予約は受けておりません。
■問い合わせ:表参道FAB/03-5772-8566
13:00〜21:00の間で受け付けています。

LIV情報

お伝えしていた7/7のワンマンライブの前にひとつ、イベントに出ることになりました。前哨戦のような、リハビリのような。イベントものに出るのは本当に久しぶりなんであがってます。関西ではおなじみの在大阪十三・酒井ヒロキも急遽参戦。平日ですがぜひ。今の時点でわかってる情報をアップしておきます。

公演名:アコギナヨル
日時:6月3日(火)OPEN 18:00 START 18:30
会場:東京 表参道 FAB
出演:谷口崇、酒井ヒロキ 他
チケット:前売り ¥2,300 当日 ¥2,500(共にドリンク別)

ただいま

大阪ワンマンライブ、そして三田でのイベント、二日連続のステージを終え、昨日戻ってきました。来てくれた方ありがとう!行きたかったけど行けなかった人も!そして我が最高のTAB!メンバー一同本当に本当にありがとう!花キューピット!お花もらってこんなに嬉しかったことないです。泣かすなぁ。みんながTAB!メンバーでよかった。ありがとう。おかげで最高のステージになりました。

10/21(日)
ワンマンライブ『谷口崇の歌うでしかし』
会場:大阪梅田 ムジカジャポニカ
谷口崇:Vocal, Acoustic Guitar
酒井ヒロキ:Vocal. Erectric Guitar
岸田年雅:Vocal, Drums
セットリスト
前半戦
M1:苦々しい/谷酒岸
M2:歌うことで僕は/谷酒岸
M3:それが恋だった/谷酒
M4:茎を折る/谷酒
M5:トラベリン・ボーイ(新曲)/谷
M6:ベビメロ/谷
M7:cover on my heart/谷
M8:ヨランダ/谷
後半戦
M9:愛の証明/谷酒
M10:時間かせぎ/谷酒
M11:泣き虫/谷酒
M12:走れ!トーマス/谷酒岸
M13:オールマイティ・ベイビィ/谷酒岸
M14:指でさようなら/谷酒岸
M15:イナミ/谷酒岸
M16:MR.ロビンソン/谷酒岸
M17:The Song Of Love/谷酒岸
自主アンコール
M18:こんなにも青空/谷
他力アンコール
M19:雨はいつか/谷酒岸

あっちゅう間やったね。酒井と岸田のふたりにも感謝。5時まで付き合ってくれてね。3人でまたやります。大阪だけじゃなくやれたらいいですね。ムジカジャポニカよかったー。実は左手人差し指の爪が割れてたんですが、そんなのも忘れとったくらい気持ちよく演奏できました。ギブソン君も久しぶりにいい音で鳴れて喜んでます。とにかく悔いのないように歌えました。おおきに。

20日の藍田くんのイベント「RING A BELL〜第17章〜」も、すごく楽しかったです。楽しくしゃべり過ぎて、最後に歌おうと思ってたヨランダ歌うの忘れました笑。会場になった喫茶店BELLは藍田君の実家で、お父様にもカウンター越しにソングオブラブのコーラスに参加してもらえました。優しい時間を過ごせました。また行きたいな三田(さんだと読みます)。セットリストは後日アップします。

okonomi.JPG
酒井ヒロキとお好み。途中BGMに悲しい色やね。味も空気も出来過ぎ。最高。

蝉の穴終了!

来てくれたみなさん、どうもありがとう!SACT!でのワンマンも今年で3回目。僕も少し落ち着いて来たのか、レギュラーなステージができた気がします。それもよしか。MCでもしゃべったけど、新しい曲を作ってそれを歌うことが今の僕の原動力のほとんどみたいです。聴いてもらえてよかった。ありがとねー。

セットリスト
2007.09.09 新宿SACT!
ワンマンライブ「蝉の穴」
谷口崇:Vocal, Acoustic Guitar
前半
01:蝉の穴(新曲)
02:時間かせぎ
03:エンド・オブ・イノセンス
04:乾くのも待たず(未発表)
05:トラベリン・ボーイ(新曲)
06:友待つ雪
07:苦々しい
後半
08:Sweegie
09:Cover On My Heart
10:もうひとりは風(矢野真紀)
11:イナミ
12:B.B.I.I.(CD未収録)
13:MR.ロビンソン〜雨にも負けん
14:The Song Of Love
アンコール
15:勝手にしやがれ(ジュリー)
16:泣き虫
17:蝉の穴リプライズ(新曲)

大阪ワンマン決定です

ムジカジャポニカ初見参。サンデーにワンマンライブをさせて頂きます。光栄です。ふざけてつけたタイトルをえらい気に入ってもらったようで光栄です。考えたら、大阪でワンマンはGO GO WEST以来です。みなさんお集まり下さいー!

タイトル:ワンマンライブ『谷口崇の歌うでしかし』
会場:大阪梅田 ムジカジャポニカ
日時:10月21日(日) 18:00 OPEN 19:00 START
料金:前売り 3,000円/当日 3,500円(ドリンク別途/¥500)
チケット:受付中 ttnet(下記参照)、
     ムジカジャポニカ メール予約、電話予約 TEL 06-6363-0848
出演:谷口崇…
※今回のワンマンライブではTAB!メンバー特別料金の設定はありません。ご了承下さい。

ttnetでチケット予約を希望される方は、
 ・希望されるライブ公演名
 ・名前
 ・フリガナ
 ・TAB!メンバーの方は会員番号
 ・チケット予約枚数
 ・連絡先(メールアドレスか電話番号)
 を必ず明記の上、チケット予約受付専用メールアドレス reserve@takashitaniguchi.net にメールを下さい。当日会場での精算となります。

何の穴?

どうもー久しぶりー、リビングのエアコンが壊れてしまい、脳まで壊れてしまったttです。誰だー!どっちかというと夏は暑い方がいいなんて言ってたのー!俺だー!と心で叫びながら、なるだけ酷暑と目を合わせないようにしていました。なんてね。この前のタブラジオ(ファンクラブ会報CDラジオ)でひかるに「便りがないのは元気じゃない証拠」って言われてたけど、また過ごしてしまいました「便りがないのは元気じゃない」月間。なんでこう気性にムラがあるかな…と自分であきれつつも、ふと地面を見ると凄い数の小さくて黒い穴が。頭上には蝉の合唱団。つまりはコレ、蝉の幼虫がふ化するために地上に這い出てきた時の穴だったのです。6年間(アブラゼミの場合)を土の中で過ごしてやっと出て来たのが今年だったんやね。去年じゃいかんやったし、来年でもいかんわけやね。めぐりあわせやなー。曲ができるのも案外こういうもんかなー。しかしながら、数が多いなー。そこが俺とは違う笑。毎年こんなに穴あいてたっけなー?ということは、この地面の下にはあと5年分のセミの幼虫がおるってこと?わー!ぞっとするなー!あ、でも、ということは俺の中にも曲の幼虫がおるかもしれんってことかー。

ということで、今度のワンマンライブのタイトルは「蝉の穴」に決定!気持ち悪いー!日曜日なので、少し早めに始めます。来場者には特製セミの抜け殻をプレゼント!(嘘です)


公演名:谷口崇ワンマンライブ「蝉の穴」
日時:9月9日(日)OPEN 17:00 START 18:00
会場:東京 新宿 SACT! http://www.sactsow.com/
料金:前売り ¥3,000 当日 ¥3,500(共に1オーダー ¥500)
チケット:受付中 ttnet(下記参照)、SACT!での予約は受け付けておりません
※今回のワンマンライブではTAB!メンバー特別料金の設定はありません。ご了承下さい。

チケット予約を希望される方は、
 ・希望されるライブ公演名
 ・名前
 ・フリガナ
 ・TAB!メンバーの方は会員番号
 ・チケット予約枚数
 ・連絡先(メールアドレスか電話番号)
 を必ず明記の上、チケット予約受付専用メールアドレス reserve@takashitaniguchi.net にメールを下さい。当日会場での精算となります。


春吉橋の歌でした!

久しぶりの福岡ワンマンライブ「春吉橋の歌」来てくれた方どうもありがとう!行きたかったけど行けなかった方は次回にぜひ!今回、最初はどうなることかと思いましたが、ちゃんとお客さんにも来て頂けました。急な誘いにもかかわらず歌いに来てくれたシガキ君と江頭君にも感謝です。いい歌が歌えました。


前半
01 エンド・オブ・イノセンス
02 Cover On My Heart
03 イナミ
04 catch me now
05 ピープル・ゲット・レディ
06 彼と彼女(シガキマサキ)
07 大丈夫(シガキマサ キwith tt)
08 時計とオルゴール

後半
09 エヴリィ・every
10 素敵なドライブ(江頭つとむ with tt)
11 以心伝心(江頭つとむ)
12 ザ・ルネサンス・マン
13 カラリといこうぜ!
14 オールマイティ・ベイビィ
15 雨はいつか(tt、江頭、シガキ)
16 The Song Of Love(tt、江頭、シガキ)
17 ヨランダ

tt:Vocal、Acoustic guitar
シガキマサキ:Vocal、Acoustic guitar
江頭つとむ:Vocal、Acoustic guitar

昨日はサプライズな邂逅がたくさんありました。まず東京にいるはずの友人。高校生時代の同級生。中学校の時の担任の先生。デビュー前にアレンジで世話になったズンさん。オーディションの地区大会で一緒だった大角太郎ちゃん(リンク先のブログにみんなの酔い顔写真がアップされてます)。そしてルネサンスマンのPVに出演してくれたアメリカ人のダニエル!さらには別の現場で福岡に来てた前プロデューサーのヤマサキテツヤまで現れて、10年以上ぶりの再会もあれば、なんでここにいるの?という出現もあり、あわただしくも楽しく時間は過ぎました。みんなともゆっくり話したいな。

今日はお昼にシガキ君がやっているラジオにゲストで出してもらいました。枯れ声(呑み過ぎ)で泣き虫を歌ってます。「シガキマサキの黄昏フリーク」という番組でFM福岡、FM熊本、FM長崎の九州3県ネットでお届けされております(でも放送日を書いた紙を焼き鳥屋に忘れた来ました。すんません。おそらく7月の3週目か4週目か…。ちゃんと調べてアップします)。収録が終わって、シガキ君と2人でバーゲンで混んでる天神を少し歩き、アイスコーヒーを飲み、いろんな話をしました。秋以降に面白いことができそうです。

焼き鳥屋で高校時代からの仲間と呑んで、二軒目は海に行って缶ビールになりました。秘密の海と呼んでいた知行浜にバスとタクシーを乗り継いで向かい、裸足になって少し渚を歩いてきました。いい夜だったばい。

ということで明日川崎に戻り、週末のTAB!-Liveに向けて準備を再開します。さらば故郷、福岡よ。山笠が始まったばかりで帰るのは名残惜しいけど、またすぐ来ます!

070628_121208.JPG

春吉橋前日

木曜日から福岡に帰ってきてました。暑いね、さすがに。でもこの暑さを感じると、不思議と気持ちが高ぶってきます。帰って来た日は、山笠の飾り山がある場所で待ち合わせしたののもあり、帰郷感が著しく、あやうく泣きそうになりました。なんで泣くの笑。

待ち合わせをした人は、僕がもう十数年も世話になっている人で、その人から誘われてある音楽学校に行ってきました。生徒さんはみんな若くて、それぞれに思いがあって音楽を志していて、僕はまあどっちかというと音楽をするのに学校に通ったり、人に習ったりする発想がなかったので、そういう場に行って何をしゃべればいいのか検討もつかなかったんだけど、生徒さん達はみな、恥ずかしがりながらもちゃんとまじめに僕に向かっていてくれて、その目を見てたらしゃべりたいことがどんどん出て来て、結局80分もしゃべったり、歌ったりしてしまいました。

今あの生徒さん達の顔を思い返してみて、まじめな姿勢の中に、結構クールな表情の中に、えも知れぬ不安やあせりがあるんだろうなあと想像すると、自分がそうだった頃のことを思い出してしまいます。やはり福岡は、僕にとってまぎれもない故郷で、ここでしかできないことや、感じれないこと、思い出せないことがあるんだと改めて思いました。

明日は、まだ僕が不安と焦りに満ち満ちていた頃のことをどっかで思い出しつつ、歌ってみようと思います。はたして僕の真ん中の軸は十数年前と変わらずぶれていないか。

という堅いことは置いといても、明日は楽しい夜になりそうですので笑!さっき急に江頭くん宅に押し掛けてリハーサルしてきました!たくさん歌います!

たかお!

たけおpresents「ふたり合わせてたけおです」vol.2、終了しました。来てくれた皆さんありがとう。今日のステージで僕を見てここを訪れてくれてる皆さんもありがとう。楽しい夜でした!
何より東京60WATTSの名曲を一緒に演奏できたことが、俺自身はとても嬉しかったし、楽しかったです。軽くセットリスト載せておきます。

前半:たけおパート
 たけお=大川たけし&杉浦琢雄
・はなうた(東京60WATTS):ttはギターとコーラスで参加
・茎を折る(tt未発表曲):杉浦琢雄pf
・イナミ
・オールマイティ・ベイビィ
・ピープル・ゲット・レディ
・東京にて(東京60WATTS):ttがカバー
・雨はいつか(センチメンタルシティロマンス):たけおとたかし=たかお
・外は寒いから(東京60WATTS):たかお
・The Song Of Love:たかお
・目白通りはいつも通り(東京60WATTS):たかお
・ラブ・イズ・オーバー(フィーフィー):たかお

会場の「晴れたら空に豆まいて」で少し打ち上げをやり、久しぶりにビールを3杯飲んで、田園都市線で帰ってきました。良いと興奮が程よくミックスされたまま電車に乗るのが、僕は結構好きです。土曜日は金曜日ほど混んでないので、機材とギターがあっても比較的ゆっくり立っていられます。ボーっと外を見ながらグリムフォークフェスのことを考えてました。事情により今年はグリムはないんだけど、来年はやりたいなーと思いながら多摩川を渡って帰ってきましたー。

福岡県対策その1

fukudm.jpg

福岡県にお住まいの方に向けて上のような急遽DM(ダイレクトメール)ハガキを出しました。6/30の久しぶりのワンマンライブのお知らせなんですが、どーにもこーにもチケットが売れてませーん!笑えー!いやいや、もちろん僕の不徳の致すところですが、やるだけのことはやらんといかんぞと急遽DMハガキ発送に至りました。メール社会となった昨今、一通50円かかるDMハガキは出す側にしてみれば結構大変。でもみんながみんな毎日パソコンやってるわけじゃないんやし、仕事から帰ってきてふとポストを見ると好きなミュージシャンからのハガキが入ってたら、まー俺だったら嬉しいね。ライブに行く行かんは別として。

…なーんて強がってる場合じゃなーい!福岡のライブ、ぜひ足を運んで下さい!ご来場を心よりお待ちしてまーす!

で、話は変わりますが、ここ数年、チラシやDMなどいわゆる紙もののデザインはほぼ全部自分でやるようになりました。TAB!の会報誌もそう。プロフェッショナルではないのでやれることはそんなに多くないし、増えてもいかないんですが、作業スピードは速くなった。そんなこと自慢してもしょうがないですが。今回のDMハガキには、去年のグリムフォークフェスの時の写真を使わせてもらいました。実際にはこんなかっこいい写真です。

towalk2002.jpg

撮影者はTOWALK2002キタガワ氏。最近めずらしい(?)シンガーソングライター好きのフォトグラファーです。今度のファンクラブイベントでも協力してもらうことになりました。キタガワさんは映像も手がけてたりするので、せっかくだから七夕当日に特別な映像を、何か「小さいプレゼント」的に準備しようと、こないだ打ち合わせしました。銀座のマックで。銀座でマックかよ笑。それだけじゃなく、当日はキタガワさん自らがシャッターを押して、参加者のみんなと僕の写真(ツーショット)を撮ってくれる予定です。めかしこんで来て下さいね。

キタガワさんはライフワークとしてシンガーソングライターを記録し続けているんだけど、彼は僕に「マイクが顔の前にあると邪魔だなと思う時があるけど、谷口君はマイクも含めて『谷口崇』なんだよね、撮る側からすると」と言ってくれます。自分で言うのもなんだけど、言い得て妙だと思う。僕がステージではオンマイク(マイクに口をつけて)で歌うからという物理的な理由はあるにしても、谷口崇のステージの身体性をうまく掴んでる表現だなーと。自分で言うと変か。キタガワさんありがとう!

そんな「マイクも含めて」谷口崇のワンマンライブ、しつこいけど今月30日、春吉橋のたもとで待ってまーす!

知らんか

佐賀県には武雄(たけお)市というところがあって、うちの本家はそこにあるという話を親から聞いたことがある。「たけお」の2人はそんなこと当然知らんやろうね。もし知ってたら凄いな。知ってて呼んだとしたらびっくりだね。知らんか。俺だって最近知ったのに。いずれにせよ、僕が来週たけおのイベントで歌うのは、もう何代も前から決まっていたことなんだと思う。思わんか。


そんなことはいい。つまり、大川たけしの「たけ」に杉浦琢雄の「た」と「お」で「たけお」なわけだから、僕谷口崇がそこに入ると当然「たかお」になるべきだ。ならんか。もしくは「たけに」とか。「たにし」でもいいのか。よくないか。小学校低学年の頃に「タニし」って呼ばれてよく腹かいた(佐賀弁で腹が立つの意)な。うちの姉ちゃんは「タニしには毒がある」って言ってたけど、きっとないな。


そんなことはいい。「たけお」と僕の出会いは、思えばヤマハを辞めてすぐに東京60ワッツのイベントでマモルさんと共に大阪でライブをさせてもらった時だから、もう6年くらい前か。あの時僕は本番前に、会場となった今は亡きネストサルーンのとなりにあった洋服屋で衣装を衝動買いして、それを着て歌ったんだけど、それがまあいけてない服だった。のを今思い出した。どんくらいいけてないか、見せたいなー。「えーこれ買ったのー。どんだけー」よし、たけおのふたりは覚えてるわけないけど、再来週はあれを着て歌おう。


イベントの中身について、大川君とやりとりをしてて、そーいえばライブは何度も見たけど60ワッツのCDって聞いたことないなーと思ってアルバム「東京」を図々しく頂いた。そしてこれがとても素敵なアルバムだった。車の中で運転しながら聴いてて、暑いのに何かサワサワっと鳥肌がたつというか。音になった空気がそうさせたんだと思う。とてもよかった。僕は何か少し60ワッツのこと誤解してたなーと恥じ入りました。いいアルバムに出会えて幸せだし、そんな「たけお」と一緒に「たかお」になれるのもとても光栄だ。これからこのアルバムのこの曲を練習してみて、うまく歌えたらイベントで歌いたい。それでその場の空気を音に変えてお客さんの顔をキラキラさせて、それをステージから眺めたい。


それはそうと、福岡県には大川市というところがあって、そこがうちの母の実家があるというのを大川君は知らんだろうなー。もし知ってたら凄いな。知らんか。


公演名:たけおpresents「ふたり合わせてたけおです」vol.2
日時:6月23日(土)OPEN 17:00 START 18:00
会場:東京 代官山 晴れたら空に豆まいて
出演:たけお(大川たけし&杉浦琢雄)/ ゲスト:谷口崇
チケット:前売り ¥2,500 当日 ¥3,000(共に1オーダー ¥500)


ライブ終了

『六月になればひかるは』来てくれたみなさんありがとう!ひかるにもありがとう!SACT!のスタッフの皆さんいつもありがとう!。来たかったけど来れなかった人も次は是非!先程帰宅して更新してます。今日はゆるかったねー。終電逃しちゃった人ごめんね。セットリストです。

『六月になればひかるは』
2007/06/08(金)新宿SACT!
tt:Vocal, AG
石崎光:Guitars, Chorus
第一部(シャツ)
01:エヴリィ・every(懐かしいー)
02:心に水をやろう(新潟銀行CM)
03:People Get Ready(俺歌詞)
04:指でさようなら(アドリブ)
05:カラリといこうぜ!(どっち?)
06:愛の証明(ララーラーララー)
07:こんなにも青空(いつのまにか夏)
第二部(Tシャツ)
08:夜風の誘い(新曲)
09:志布志の凪(初演奏)
10:メール from カナダ(初披露)
11:睡蓮(リクエスト)
12:エンド・オブ・イノセンス(リクエスト)
13:Your Smiling Face(James Taylor)
14:イナミ(バラード)
15:オールマイティ・ベイビィ(ファンク)
16:The Song Of Love(キャンプファイヤー)
アンコール
17:ザ・ルネサンス・マン(それがルネ)
18:One More Try Again(ボックス)
アンコール2
19:ヨランダ(ttひとり)


19曲もやったんだ…。知らなかった笑。遅くなってごめんねー。

ライブ前日

明日は金曜日、おそらく晴れでございます。ヒカルとのライブ楽しみにしててね。2人だけだからね。のっけから楽しい感じでやっちゃいます!乗り遅れるな!

それにしても明日は気持ちよく歌えそうです。なぜなら
070607_231821.JPG

会報誌第3号が出来上がったからです。完全にはまだですが、明日ライブに持っていってメンバーの方には直接渡しちゃおうと思います(もちろん郵送を希望の方はそちらも可能です)。そして、会場で直接入会した人にも、その場で出来立ての会報誌をお渡ししようと思います!やったー!できたー!肩の荷が少し下りたー!

ということで、メールマガジンでもお知らせした通り、明日の午後1時まで前売りチケット予約受けつけてますよ。ギリギリでもかまいませんので、聴きに来てね−!

ステレ

 連日TAB!の会報誌やイベントの準備やってます。あと少しでお届けできます!
 合間に今週金曜日の新宿SACT!でのワンマンライブのリハーサル。頭からお尻までひかるとふたりでライブをやるのは初めて。歌いたい曲を見繕って持っていった。
 一、二回やって、これは歌おう、これは今回はナシと手際よく判断していく。ひかるは僕のイメージを一瞬で飲み込んで、精度の高いセンスのいい演奏ができる。そんなミュージシャンと一緒に音楽を作っていける幸運といったらナイ。なかなかナイんだよ、本当に。それでその日はなんだか感慨深くなってしまって、つい出会った頃のことや、近くに住むようになったことなど、昔のことを何度も口に出してしまった。
 世田谷に住んでいた時に、ひかるがうちに遊びに来て、その時の様子を凄く覚えているんだけど、低いテーブルを挟んでギターを持ち寄り、曲を作った。僕は一弦と六弦をEからDに落としてスリーフィンガーのアルペジオ。ひかるはそこに透明感のあるリフを乗せた。その途端に僕の頭でイメージが広がる。でたらめな英語でメロディをつけていく。ひかるのリフがスイッチになって産まれた歌。こんなリフだ。ステレステレステレステレステレーステレステレステレー。
 それで僕らはその曲をしばらく「ステレ」と呼んでいた。少したって「ステレに歌詞書いてみてんだけど」と言って、三宿のデニーズで落ち合った。「こんないい歌詞つけちゃったの笑?」と言われたのを覚えている。ステレのままというのも何なんで別にタイトルも付けた。



メール from カナダ   

元気にしてますか
そちらはどうですか
噂でききました
あなた方が別れたと

街は変わりました
湖も溶けました
去年のクリスマスに
子供が生まれました

あなたが日本へ帰る前
渡した白い紙
書きたかった言葉ひとつも
書けなかった
そんな手紙もあるんです

彼のことだから
今ごろはどこかで
痛みと向き合ってるんでしょう
僕もそうでした

ナイアガラで言った気がします
いつか戻ってきてほしい
あなたは返事をしなかった それとも…
流れ落ちる 滝の音にかき消されて…

「‥‥yes‥‥」

体に気をつけて それでは


ということで、この曲を今週のステージでやります。ひかるはステレステレというギターリフの弾き方を思い出すのに苦労してました。もう7年も前の話だもんな。7年経って初めて人前で歌います。よかったねーステレ。

それはそうと、前回4/28のワンマンライブはめでたくソールドアウトさせてもらったのですが、今回はこの段階でまだまだ席に余裕があります!キャー大変!金曜日は忙しい?みなさんぜひステレ聴きに来て!

たけおpresents「ふたり合わせてたけおです」vol.2

東京60WATTS内ユニット「たけお」のイベントにゲストで誘ってもらいました。誘ってくれないかなーと思ってたので嬉しいです笑。ゲストだからって遠慮せずに楽しもうと思います。

公演名:たけおpresents「ふたり合わせてたけおです」vol.2
日時:6月23日(土)OPEN 17:00 START 18:00
会場:東京 代官山 晴れたら空に豆まいて
出演:たけお(大川たけし&杉浦琢雄)/ ゲスト:谷口崇
チケット:前売り ¥2,500 当日 ¥3,000(共に1オーダー ¥500)
★チケット発売: 5/8より予約を受け付けます。店頭販売有もあり。
問合せ:晴れたら空に豆まいて(03-5455-8880)
チケット予約を希望される方は、
 ・希望されるライブ公演名
 ・名前
 ・フリガナ
 ・チケット予約枚数
 ・連絡先(メールアドレスか電話番号)
 を必ず明記の上、チケット予約受付専用メールアドレス reserve@takashitaniguchi.net にメールを下さい。当日会場での精算となります。
※本公演のTAB!メンバー特別価格チケットはありません。

「春吉橋のうた」

福岡でのライブも一年振り!山笠の始まる直前に春吉橋近くのトゥーペロで歌うことになりました。気持ちは水法被に締め込みです。おいさ!
公演名:「春吉橋のうた」
日時:6月30日(土)OPEN18:00 START 19:00
会場:福岡 西中洲 TUPELO
出演:谷口崇(ワンマンライブ)
チケット:前売り ¥3,000 当日 ¥3,500(共に1オーダー ¥500)
※TAB!members価格:前売り ¥2,800 当日 ¥3,500(共に1オーダー ¥500)
チケット予約を希望される方は、
 ・希望されるライブ公演名
 ・名前
 ・フリガナ
 ・TAB!メンバーの方は会員番号
 ・チケット予約枚数
 ・連絡先(メールアドレスか電話番号)
 を必ず明記の上、チケット予約受付専用メールアドレス reserve@takashitaniguchi.net にメールを下さい。当日会場での精算となります。TAB!メンバーの方は会員証の提示をお願いします。

「六月になればひかるは」

終了しました。ありがとうございました。
当日の演奏曲はコチラ

新宿SACT!での大都会ライブ第2弾はプロデューサー/ギタリストであり、親友でもある石崎光とのツーマンです。考えてみたら、かなり長く深い付き合いなのにふたりきりでのステージは初めてです。いろいろとアイデアが出てきそうなので、その都度報告します。リクエストがあればメール下さい!ひかるのブログ赤いなー。
公演名:「六月になればひかるは」
日時:6月8日(金)OPEN 19:00 START 19:30
会場:東京 新宿 SACT! http://www.sactsow.com/
出演:谷口崇、石崎光
チケット:前売り¥2,800 当日 ¥3.000(共に1オーダー ¥500)
◆TAB!members価格:前売り¥2,600 当日 ¥3,000(共に1オーダー ¥500)
チケット予約を希望される方は、
 ・希望されるライブ公演名
 ・名前
 ・フリガナ
 ・TAB!メンバーの方は会員番号
 ・チケット予約枚数
 ・連絡先(メールアドレスか電話番号)
 を必ず明記の上、チケット予約受付専用メールアドレス reserve@takashitaniguchi.net にメールを下さい。当日会場での精算となります。TAB!メンバーの方は会員証の提示をお願いします。

『唄はつづくよ どこまでも 特別編』

終了しました。ありがとうございました。
昨年10月に京都、大阪、神戸をまわった酒井ヒロキとの再演です。福岡を拠点に活躍するシンガーソングライター江頭つとむさんとは初共演。
日時:5月12日(土)OPEN 19:00 START 19:30
会場:大阪 塚本 HOWLIN' BAR
   大阪市西淀川区柏里2-1-19 石川ビル2F
   tel 06-4808-2212
出演:谷口 崇、酒井ヒロキ江頭つとむ
※t.t.の出演時間はわかり次第お知らせします。
チケット:¥2000+1オーダー
チケット予約を希望される方は、
 ・希望されるライブ公演名
 ・名前
 ・フリガナ
 ・チケット予約枚数
 ・連絡先(メールアドレスか電話番号)
 を必ず明記の上、チケット予約受付専用メールアドレス reserve@takashitaniguchi.net にメールを下さい。当日会場での精算となります。

谷口崇ライブ「四月になれば彼女は」

終了しました。ありがとうございました。
本当に久しぶりのワンマンライブなんだけど、これからはワンマンライブをメインにしていきたいという気持ちもあるので、あえて「ワンマン」というフレーズを取り除いてみました。タイトルの「四月になれば彼女は」とはサイモン&ガーファンクルの名曲の題名。歌の中の彼女は五月、六月と変わっていきます。毎月は無理だけど、僕も今年はライブを続けていきたい。四月の次は何月になるかも期待してて下さい。新宿SACT!は昨年9月にできたばかりのライブハウスで、気のきいた小さい音楽箱みたいな場所。小さいので席に限りもあります。50席ぐらいかな…。お早めの予約をおすすめします。あおってみました。さー何を歌おうかなー。


日時:2007年4月28日(土)18時開場 19時開演
会場:東京 新宿 SACT!
   ライブハウス 新宿サクト:新宿区新宿6丁目28-8 ラ・ベルティ新宿B1
                Tel 050-7510-5158 
   SACT!までの道のりご説明ページはコチラ

SOLD OUT - thank you -
チケット予約完売致しました。ありがとうございました。


追加チケット情報
 ・ 4月24日火曜日の午後8時より受付開始
 ・ 5名様分のみ(先着順)
 ・ 立ち見になります
 ・ 希望者多数の場合は抽選
 ・ 前売りのみ ¥2,500(ドリンク代¥500別)

追加チケット予約を希望される方は、
 ・希望されるライブ公演名
 ・名前
 ・フリガナ
 ・チケット予約枚数
 ・連絡先(メールアドレスか電話番号)
 を必ず明記の上、チケット予約受付専用メールアドレスreserve@takashitaniguchi.net にメールを下さい。当日会場での精算となります。

坂本サトル生誕40周年記念ライブ「Happy Birthday 俺。」

終了しました。ありがとうございました。
日頃から優しいサトルさんも40歳だそうです。すごいなー。俺もあと数年だなー。大好きな明太子を持って駆けつけたいと思います。ゲストが豪華。アイリッシュダンサーの林さんは凄いらしいです。凄いと言えば、石崎光もギターで参加するそうです。凄い!


日時:2007年4月3日(火)19:00開演
会場:東京 SHIBUYA O-East
出演:坂本サトル & his BAND
お祝いゲスト(50音順):浅森坂(浅田信一、森山公一)、石嶺聡子、今井千尋(ex.Something ELse)、加藤いづみ、瀬木貴将(サンポーニャ)、谷口崇、林孝之(Irish Dancer)、古川昌義、山寺宏一(声優)、他
チケット:全席自由¥5,000/発売中
チケットぴあ(Pコード:249-645)
ローソンチケット(Lコード:38839)
イープラス
CNプレイガイド
→サトルさんのサイン入りチケットが欲しい方はコチラ

※ 本ウェブサイトではこのイベントのチケット予約は受け付けておりません。

フォルツァ総曲輪 Opening Special Vol.2

終了しました。ありがとうございました。
総曲輪は「そがわ」と読みます。今年初ライブは、なんと富山です。デビューの年以来の不義理を返上してきます。

日時:2007年3月3日(土)、4日(日)の2日間(t.tは3日)
会場:フォルツァ総曲輪(富山県富山市)イベント公式ページ
出演:3/3(土)伍々慧/山崎雄弘/大塚利恵/谷口崇/SHUUBI
   (ttの出演は19:20頃から約40分のステージになる予定です)
   3/4(日)ムライジョウ/arp/タニザワトモフミ/諌山実生/陣内大蔵
チケット:¥2,000(税込み/全席/自由映画、トークイベント、ライブ込みの価格)
チケットのお求めは、富山県内プレイガイド、インフォマート(市民プラザ / CiC)、高岡大和チケットぴあ、魚津サンプラザ
●県外からのチケット購入に関しては下記までお問い合わせ願います。
 フォルツァ総曲輪 Opening Special Vol.2
 〒930-0083 富山市総曲輪3-3-6 ウィズビル4F
 info@wiz-cinema.com
 TEL & FAX 076 - 493 - 8815

※ 本ウェブサイトではこのイベントのチケット予約は受け付けておりません。