2008 年 11 月 のアーカイブ

即日ソールドアウト

2008 年 11 月 28 日 金曜日

有り難いことに、12/23の小林建樹さんとのクリスマスライブですが、本日から予約開始だったのが、かなり早い段階で規定座席数を上回る予約メールを頂いて、即日ソールドアウトになったと連絡がありました。どうもありがとうございます。予約が間に合わなかったという方、本当にごめんなさい!次を期待してて下さい!

七転び八起き

2008 年 11 月 26 日 水曜日

よーく考えてみるとだ、七回転んだとしたら、起きるのも七回でいいはず。でもことわざでは八回起きてる。1回多い。調べてみると、その1回というのは人生の最初の1回で、つまり人間は誰でも産まれてすぐは立てないわけで、そこから起き上がるという意味で八起きなんだそうだ。こじつけか。語呂でつけたって言われた方がいいな。あ、1回多かった?わりぃね。ちょいとおまけしときましたー。ベンベン。

 

明日なんですが、そんなネバーギブアップなタイトルがついたCOOのライブで、あたくしギターを弾きます。あらよっと!場所はおなじみ新宿SACT!です。平日ですが20時スタートなので、よろしければぜひ。ちょいと寄ってって!
□公演名:「ワンマンライブCOOの七転び八起き」
■日時:11月27日(木)open19:30/start20:00
■場所:東京 新宿 SACT!
 HP:http://www.sactsow.com
■出演:COO(Vo)バンド〜tt(AG、Cho)、ミゲル(Bass)、野口薫(Per)
■チケット:前売 ¥2,300 当日 ¥2,500(ともに1オーダー別)
■問合せ:SACT! 050-7510-5158 infosow2008@sactsow.com

考えてみれば、今週は明日、来週は石垣島、再来週はSHUUBIのイベント、一週空けてクリスマスライブとステージが続きます。ベンベン。

T&Tのワンダフルクリスマス

2008 年 11 月 22 日 土曜日

クリスマスライブの詳細が決まりました。当日の僕のお相手は素晴らしいシンガーソングライター小林建樹さんです。タテキさんとは今年からSHUUBIのステージを共にサポートしていて、それが縁で今回一緒にやらせてもらえることになりました。まだ中身に関しては詰めてはないけど、できたら2人で歌えるコーナーも作りたいともくろんでます。開始時間も早めにしましたので、少し遠くの方もぜひ観に来て下さい!予約は来週から。定員が限られてますので、早めのご予約をお薦めします。楽しみにしてて下さい!

 

SOLD OUT!!!

チケット予約は締め切りになりました。ご了承下さい。

 

□公演名「タカシとタテキ T&Tのワンダフルクリスマス」

■日時:12月23日(火・祝) 開場17:30 開演18:00
■場所:東京 渋谷 ソングラインズ
 HP:http://www.song-bird.net/songlines/
■出演:小林建樹と谷口崇
■チケット:前売 ¥2,500 当日 ¥2,800(ともに1オーダー別)
■予約:11/28(金)よりソングラインズのみで予約開始。
■問合せ:ソングラインズ 03-5784-4186
◇リンク:小林建樹myspace  http://www.myspace.com/tateking
     谷口崇ウェブサイト  http://www.takashitaniguchi.net

 

◇ ◇ チケット予約方法◇  ◇

SONGLINESの予約受付メールアドレス
song-lines@mrnc.ftbb.net 宛てに

・公演日
・氏名(フルネーム)
・電話番号
・予約希望枚数
を明記して、メールして下さい。
ご予約のは11月28日(金)から受付を開始します。
ご予約順に予約番号を添えて返信メールをSONGLINESより発行いたしますので、受信設定などをされている方は上記アドレスからのメールを受け取れるように設定をお願い致します。
(返信にはお時間をいただく場合があります。しばらく経っても返信がない場合は下記の電話番号までお問合せ下さい。)
※ご予約は定員数(およそ50名)に達し次第、締め切りとさせていただきます。
※お問合せはSONGLINES 03-5784-4186 までお願いします。
※本公演はttnetでのチケット予約は受け付けません。ご了承下さい。

エンターテイメントの風上

2008 年 11 月 11 日 火曜日

ちなみに僕は森山良子さんの歌がとても好きです。と最初に強く断っておくけど、こないだ森山良子さんがラジオで言ってた話。ステージドリンクとか何かを飲んでいる姿をステージ上で見せることがとても許せないのだそうだ。素の自分を舞台で見せてしまうことが嫌なのだそうだ。エンターテイメントではないのだと。とても納得できる話だったけど、当然ながら自分の身に置き換えて考えてみると、それはもう恥ずかしい話で、僕なんてのはエンターテイメントの風上にも(風下だっけ?)置けない最低な男になってしまうのであります。誰も僕にエンターテイメントを望んでないとは思うけど。

 

僕も同様に自分のステージにそういった意味でのエンターテイメントを求めていません。求めてないというか、そこまで深く考えてなかったなーという程度か。そうか、ステージ上でドリンク飲んでる姿を見ちゃうと興醒めするって人もそりゃいるかもなーというくらいか。だからやはり向いていないんだね、そういうのが。代わりにといっては何ですが、僕が気をつけてるのは普段通りってこと。あ、やっぱり真逆か。さっきまで自分の部屋にいたかのようにさっとステージに上がって、思いついたことをしゃべりながら、歌を歌っていく。シンガーソングライターという言葉がアメリカで初めて産まれた頃の、ジェイムス・テイラーやジョニ・ミッチェルのステージのように、あまり飾りつけず、歌を歌って、その夜を楽しむ。明日になったらまた仕事だけど、また来るからね、じゃあといってステージを降りる。言葉にすると陳腐になるけど、何かそんなような理想の空間像なら僕も少しは持ってます。そこでやっていけないことは特になく、来るもの拒まず、去る者追わず。公園のベンチでだって、数万人規模のスタジアムだって、同じように歌を歌えるというのが、まあ理想と言えばそうなんですが、こんなふうに考えるのは僕があまり大きい場所で歌ったことがないからかもしれません。どんなに大きい会場でも同じように俺は歌えるのか?という自問をいつもしてる気がします。

 

ジェームス・テイラーやジョニ・ミッチェルと同じように、キャロル・キングもまた自然体が素晴らしいミュージシャンでした。今もまあそうだとは思うんですが、今度のスマップスマップに出るらしいです。TVのチカラを借りなければ、何事かを成せないしくみって不自然だし、貧弱だと思う。飾り物だけの世界で、キャロル・キングの飾らない歌がどう響くのか、見たくないような見たいような…やっぱり見るかな。五輪真弓さんと「少女」を共演して欲しいなー。

 

リフレッシュ

2008 年 11 月 3 日 月曜日

好天の連休に家族で長野・霧ヶ峰方面へ。

コテージに泊まって、薪ストーブのやわらかい火にゆっくりあたってきました。

仕事のことを一度も思い出さず、とてもよいリフレッシュになりました。

さ、明日からクリスマスライブまでがんばります。

前から訪ねてみたかった神長官守矢資料館。想像通りの素敵な場所でした。

 

p.s.ふかMIXのコメントやメールありがとう!励みにします!

1年前

2008 年 11 月 2 日 日曜日

ちょうど1年前の今頃、僕も今日のように国立競技場を埋め尽くす観客のひとりだった。今日のように晴天。スタンドを埋め尽くす2色の青。川崎フロンターレ対ガンバ大阪。負けてしまったが、悔しさとともに胸に刻まれた試合だった。

ナビスコ杯決勝。おめでとう大分トリニータ。少しくらいJリーグをかじった人なら、この新参チームの優勝を素直に祝えると思う。社長、監督、スタッフ、選手、サポーター、地元メディアがひとつになって、ここまできた。同じ九州人として嬉しいし、去年同じ決勝まであがったチームのサポーターとしてとてもうらやましく思います。いい試合だった。

 

国立に大分サポーターは1万人集まったそうだ。大分から東京に行く行程の大変さを考えると、信じられない人数だ。僕らはいつだって元気になれるんだと感じました。おめでとう!でも、Jリーグの優勝は今年こそうちがもらいます。サッカー万歳!