2009 年 1 月 のアーカイブ

バット・シリアスリー

2009 年 1 月 30 日 金曜日

 

絶妙なトリミングのこのジャケット。1989年に発表されたフィル・コリンズの4枚目のソロアルバム「…But Seriously」です。僕がちょうど洋楽を聴き始めたころ、巷で大ヒットしていました。地方都市の目立たない高校生だった僕にとって巷というのは、せいぜい近くのレンタルCD屋とかダイエーとか、FMステーションとかそのくらいなんだけど、そのレンタルCD屋のチャート棚の一番上にずいぶん長い間君臨していた気がします。当時のフィルコリンズといえば、今で言う誰だ?ウィルスミスとか?最近のことを知らなさすぎて知ったかぶりもできませんが、まあ凄い活躍でした。最近ひっぱり出して久しぶりに聴いております。

 

ジャケット右下には癖のある字で「Phil Collins/…But Serously」と書いてあるんですが、フィル・コリンズのアルバムは、だいたいこんなふうにフィル自身が手書きしてます。ブックレットの中の歌詞やクレジットなんかもそうです。全部手書き。で、久々に引っ張り出してみて思ったのは、僕の字はこの人の字にすごく影響を受けてるなーということです。僕のサインや文字を手元に持ってる人は多少は納得してもらえると思うんですが、いつのまにか真似してたんですね。この文字間が狭くてちょっと重なるとことか。必要以上に伸ばすハネとか。文字の太さすら真似してるような気がします。まゆ毛から上は真似しないようにしなきゃ。そんな話はいいとして、いつかは手書きの文字でジャケットを作りたいと思い続けているのも、このアルバムの影響に間違いありません。

 

フィルは昨年で表舞台から身を引いたそうです。淋しいなー。今後は裏方にまわるんだとか。字書いてくれないかなー笑。「Another Day In Paradise」は名曲だと思います。20年前のアメリカを歌った歌なのに、数年先の日本を歌ってる気がします。


 

ハッピーバースデー過ぎましたが

2009 年 1 月 29 日 木曜日

36になりました。下手したら37かもと思ってたから得した気分です。 
でも今日ラジオで秋元順子さんが「50歳から始まる人生もある」と言ってました。今一番説得力のあるコメントですな。 
お祝いメッセージありがとうございます。 
36の時に書きましたって言えるように新曲を書いていきたいと思います。 
36歳の一年も応援よろしくお願いします。 
息子画伯が似顔絵をプレゼントしてくれました。いいでしょ。 
こけしとかマイクとかそんなんじゃないから。僕の顔ですので。 

実はまだパソコンがダメで、これはいよいよ修理に出さないと無理みたい。ホームページ更新や、メルマガ配信など、状況報告がままなりませんが、ご理解下さい。

精を出さない宣言

2009 年 1 月 8 日 木曜日

帰省中に懐かしい友達や家族と会えて、いろんな話をきいて、ひとつ今年はできるだけシンプルに暮らしていこうと思っている谷口です。一週間も過ぎてしまって何ですが、明けましておめでとうございます。シンプルに暮らす、言うのは簡単ですね。って、いつも僕なら考えてしまうのですが、今年はそこをもう、考えない。無視する。わざと見過ごす。そういうふうに行ってみたいと思います。でも見過ごすからには、きちんと見据えるものがあるからこそなわけです。今の僕が見据えているもの、いくつかありますが、2009年ブログ初めに高らかに宣言するの目標はジャン!ここんとこお馴染み七夕ライブです。今年の7/7は火曜日平日。平日かー。まずはここでいい歌が歌えるようにがんばりたいと思います。というわけなんで、七夕まではあまり自分自身のライブには精を出さないつもりです。…つもりね、つもり、いちおう。つうか、漢字あっとるかコレ?あってまーす。いやいや、だって半年先なんてどげんなっとうかわからんもんね。ガソリンだってこんなに安くなりましたし。自分でも何を言い出すことか…わかりません。わかりませんが、明るくやっていきたいと思います。やっていきますが、ライブはやりませんよ。つもりだけど。あーめんどくさい。さーそういうわけで今年もどうかひとつよろしくお願いしますー。

そそのかされて携帯をアイフォーンに替えました。使いこなせるのか。最初はムキー!の連続です。