2010 年 3 月 のアーカイブ

月1回じゃ足りない

2010 年 3 月 26 日 金曜日

3月度マンスリーLIVE終了。
本当に寒い一日だったけど、歌うと暑うなりますな。
大阪で少し空回りしてしまった感があったので、1曲1曲をゆっくりと歌ってたっぷりと聴いてもらうことを心がけしました。
今年は毎月歌ってるけど、月一回じゃやはり少ないな。
ライブはいくらでもやりたいのだが…。
山口晶さんとのセッションも、やっぱり楽しかった。
やっぱりというのは、いつも(といってもマンスリーでは2回目)セッションを仕掛けてる方としてちょっとだけ厚かましさを感じてるから。
SACT!出演者の中では歳も上の方だし、俺から誘うと断りにくいよなー。
でもやるとやっぱり楽しいので、次もやれたらいいなぁ。
お客さんは望んでいるのかどうなのかわからないが、今日も僕は楽しくやれましたよ。

セットリスト
01 イナミ
02 心に水をやろう
03 睡蓮
04 おやすみLOVER
05 You’ve Got A Friend(キャロキンとJT)
06 MR.ロビンソン
07 One More Try Again
08 オールマイティ・ベイビィ
09 友待つ雪
10 The Song Of Love
11 ヨランダ
セッション01 さらば恋人(堺まちゃあき)
セッション02 サボテンの花(小雪)

前半は半音下げチューニングコーナー。
半音下げチューニングをMCでしゃべってもそんなに面白くないのはわかっているのに、毎度しゃべってしまうコーナー。
後半は、この冬よく歌った流れ。
「友待つ雪」は季節的にも今シーズン最後かな。
また寒くなったら歌います。

4月も木曜日。
ゴールデンウィークに突入する日です。
よろしければぜひ。

日時/2010年4月28日(木)
タイトル/SACT! DUPLEX FLAG
場所/東京 新宿 SACT! http://www.sactsow.com/
開場/19:00 開演/19:30
料金/前)2000yen 当)2500yen ドリンク代500yen別
共演/建吾 オープニングアクト/宮川鉄平
※ttの出演は20時過ぎからおよそ1時間のステージです。

SACT!常連のイラストレイターSさん(お名前出していいのかきかなかった)が、ステージを見ながら描いてくれました。二枚目です。鼻がばりばり似とる。

山口君と谷口君

2010 年 3 月 24 日 水曜日

明日は3月度マンスリーLIVE。
平日で、さらにスタートが21時からという遅番ですが、1時間みっちり余すところ無く歌います。
さらには恒例の持ち込みセッションもございます。
明日の共演者は山口晶さんです。
先日の大阪でのLIVEでちょっとペース早めだったので、明日はゆっくりと歌わせて頂きます。
ところで巷では来日中のボブ・ディランで持ち切りですが、来月、僕も持ち切りになるアーテストが来日します。
その人の名は、ジェームス・テイラー。つまりJT。
憧れてはや15年。
初めて生で聴くことができます。
う〜ん、信じられない。
明日は僕の中ではこっそりプチJT祭りなのです。

日時/2010年3月25日(木)
タイトル/SACT! DUPLEX FLAG
場所/東京 新宿 SACT! http://www.sactsow.com/
開場/19:30 開演/20:00
料金/前)2000yen 当)2500yen ドリンク代500yen別
共演/山口晶 オープニングアクト/見田村千晴
※ttの出演は21時過ぎからおよそ1時間のステージです。

我が家探し

2010 年 3 月 23 日 火曜日

今日は午前中から物件探し。
馴染みのない場所に自然と不安もつのるもの。
でもそんな不安も、近所に住んでいる子供達と触れ合うことで即解消。
子連れとはいえ、知らない大人と気兼ねなく話してくれるいい子達。
よし!少々駅からは遠いがここに決めよう。
と、思って帰宅。
申込書などを準備しつつ、間取りを見つめながら決意を新たにしてたところに、先に寝てた妻がおもむろに起きて来た。
そして…
深夜の家族会議の結果、やっぱり見送りになりました。
でもなぜか気持ちはすっきり。
やっぱり何か見えないところが多かったんやな。
もう一度優先順位を絞り込んで仕切り直すことにします。
「ペット可」「陽当たり」「駅の近く」の3つだな。
がんばろう。

我が小画伯。お前のための引っ越しなのさ。お前の嫌なとこには行かないよ。

ハウリン紀行

2010 年 3 月 21 日 日曜日

大阪ライブ、ハウリンバーに来てくれた方、どうもありがとう!
安田まさーと不在を感じながらも、グイグイ歌えました。
そういえばひとりきりの弾き語りも久しぶりだったんだ。

セットリスト
2010/03/20
大阪 塚本・ハウリンBar
01 ピープルゲットレディ
02 MR.ロビンソン
03 秘密の海
04 One More Try Again
05 オールマイティ・ベイビィ
06 友待つ雪
07 The Song Of Love

酒井ヒロキのステージ最後に、一番手の妹尾立樹(せのおりっきー)と僕も加わって「バラの気持ち」と「雨はいつか」、さらにアンコールで「卒業写真」をセッション。
リッキーはドラマーでもあるので、ドラミングしながら素敵なコーラスを聴かせてくれました。
遊びに来ていたふかどんのドラマー岸どんが嫉妬してました。
リッキーとは再開を約束。
この日、大阪へ移動中から結構ツイッターでつぶやいてたので、詳しく知りたい方はこちらのサイトを参考にして下さい。
http://twilog.org/sweetbabytt

当日の共演者3名で記念にパチリ。

右から妹尾リッキー、tt、ヒロキ
顔に光があたってへん、ということでもう一枚。


右からヒロキ、妹尾リッキー、tt
特に撮り直す必要ありませんでした。

大阪へ

2010 年 3 月 20 日 土曜日

明日、というかもはや今日は大阪。
とにかく久しぶりです。
2008年のふかどん秋以来だから、1年半ぶりってことになってしまうのか。
知らぬ間に、酒井ヒロキもラジオパーソナリティっちゃうようになってしまいました。
MCに期待。
後輩いびり。
いざ準備へ。
上京中の義父と油揚げつまみに一杯やってましたので、選曲は今から。
おやすみなさい。

これは先日のおつまみ。自作の小アジの唐揚げ。自作といっても釣ったわけではありません。去年行った天草で食べた味が忘れられん。

あわただしく

2010 年 3 月 11 日 木曜日

快晴。

やることいっぱい。

次は何だ!

ミモザの花

2010 年 3 月 9 日 火曜日

すごい雪雨です。

明日は昼から晴れるというが信じられんぞ。

ところで、昨日ツイッターでこんなつぶやきが。

本日は「国際女性の日」なので、私もささやかながら、女性記者のみなさんにミモザの花を贈りました。この記念日、ご存知でしたか?  国連加盟国が、女性の平等な社会参加を改めて認識することを目的とした日なのです。

これは鳩山総理のツイート。

これを読んで、かなり欠陥の疑いのある僕の記憶装置にピピッと電気が走り、ある風景が急に脳裏に浮かんできました。

それは15年前のイタリアのフィレンツェで出会った風景でした。

四日ほど滞在した古都を離れる日の昼、駅に向かうために友人と2人で宿の外へ出ると、町中に黄色い花が。

そうかぁ、あの時は何のことかわからなかったけど、あの日が3月8日で、あの素朴で美しい黄色い花がきっとミモザの花なんだなぁ…。

駅まで行く途中で宿の女将(?)とすれ違って別れの抱擁をしたんだった…。

当然その女将もミモザの花を抱えてたんだった…。

たしか「今日は男が女に花をプレゼントする日」だと理解したんだった…だったっけ?

そこの宿はシャワーは水しか出なかったんだった…。

そうだった。

思い出してきた。

フィレンツェに着いた日にその友達と喧嘩して、ひとりミケランジェロの丘までとぼとぼ歩いたんだった…。

すでに夕陽は落ちてたけど、こんなきれいな街まで来て何をやってるんだろうと反省したのかしなかったのか…。

気を取り直して2人で向かったレストランで食べたボンゴレ・ビアンコがほっぺが落ちるくらい美味しかったんだった…。

何かきっかけがあると、思い出すもんなんだなー。

今まで全然思い出さなかったのに。

フィレンツェにはそれ以来行ってませんが、その時の友達はあの美しい街が忘れられず、すぐに舞い戻って職人の道へ。

今もかの地で修行を続けています。

メールでもしてみるか。

アナイゴー

2010 年 3 月 8 日 月曜日

ダンサーの穴井豪くんが来訪。

打ち合わせの後に、お鍋。

見て下さい、コレ。ティーティーティーシャツ。

セクスィーなアメアパで見つけて買っておいてくれたそうです。

いやーナイスです。タイトです。

乳首がうっすら透けます。

アンコールでは着れない!

ありがとう!

なぜか穴井くん本人も負けじと直筆で応戦。

顔赤いなー、俺。

お前はAgだろー!Gaかもー!

穴井豪くんは、ダンサーです。

踊りで人を感動させられる男です。

彼のダンスはなかなか言葉では形容できません。

上手く伝わらないのを承知でいうと、

「踊る理由がある踊り」です。

ん〜、自分で言っておいて何のことやら。

動画見ると怖そうに見えますが、大分生まれのナイスガイです。

近くで見ると圧巻だよ。

体ってこんな動きができるんだー、って目が点です。

いつか一緒にステージに立ちたいね。